見て学ぶ初心者のスケート練習法 今は誰でもYoutubeで学べる時代

今インターネットの発達により有用な情報がどんどん拡散されている。
中でもスポーツの上達方法に関するYoutubeの動画はすばらしい。

普通はDVDとして売れるような有益な情報が誰でも見れるのだ。
今回はスケート上達法を動画で学んでみよう。

SPONSORED LINK

初心者がスケート上達するステップ

まず初心者がスケート上達するためのステップはこんな感じ。

  1. スケートリンクを歩けるようになる
  2. 両足で滑れるようになる
  3. 止まれるようになる
  4. 片足で滑れるようになる

片足で滑れるところまでいけば趣味として楽しむには十分だろう。
そして片足滑りまでいくのは初心者でも難しくない。

歩けるようになる練習

まずはスケートリンクの上を歩けるようになること。
最初はペンギンのようにぺたぺた歩くといい。
ぺたぺた歩かないと滑っちゃうから。

初めての人はまず最初は転びまくると思う。
転ぶときはこの動画を参考にして姿勢を低くしてダメージを抑えるといい。

また、転ばないためには足首と膝の関節を柔らかく使うことが大事だ。

滑れるようになる練習

まずは手すりを使って歩くときの一歩一歩の長さを長くしていく。
慣れてきたら手すりなしで歩く時の延長で滑ってみよう。

止まり方

初心者向けの止まり方は「イの字ストップ」と「八の字ストップ」。
どちらもコツはスケート靴のエッジ(刃)を垂直に立てること。

止まる技術がないと壁や人に激突することになるから周りに迷惑かけないためにも絶対初期段階で覚えておこう。
初心者はある程度しょうがないと思うけどほんと最初はぶつかりまくると思うw
 

イの字ストップ


 

八の字ストップ

片足で滑る練習

両足で滑れるようになり、簡単なストップもできるようになったらいよいよ本番の片足滑り。
ポイントは重心移動。
地面についてる方の足の真上にへそを持ってくること。

片足滑りさえできるようになればもう自由。
好きなように滑ってスケートを楽しもう。
 

SPONSORED LINK

まとめ

  • 初心者がスポーツを学ぶのにYoutubeの動画は優秀
  • スケート初心者は「歩く」→「両足で滑る」→「止まる」→「片足で滑る」を動画見ながら練習してみよう
SPONSORED LINK

これもおすすめ!