スキー場で借りれるものと借りれないもの 自分で用意すべき持ち物

初めてスキーをする場合、何を用意すればいいかわからないと思う。
私も初めてのときはまったくわからなかった。

このページではそんな人の疑問にお答えし、スキー場が借りれるものと借りれないもの、自分で用意した方がいい物をそれぞれ紹介する。

SPONSORED LINK

スキー場で借りれるもの


  • ストック
  • ウエア上下
  • スキー靴

レンタル料金はこれら一式セットが借りれるところが多い。

値段は6000~7000円が相場。
ちなみにリフト券が1日3000~4000円だからレンタルで1日スキーやろうとすると大体1日1万円ぐらいかかる。

ちなみにスキーウェア上下はレンタル料3000円くらいだが安い物を買おうとすると1万円前後で買える。
まぁ最初はレンタルでもいいがスキーが気に入って何度も行くようなら買っちゃった方が得だ。


VAXPOT スキーウェア 上下セット メンズ

スキー場で借りられないけど絶対必要なもの

スキー場で借りれないけど絶対ないと困るものを紹介する。

  • ゴーグル
  • グローブ
  • 帽子(ニット帽または耳当て付きのもの)

小物は借りれるところと借りれないところがあるが借りれないところが多い。
借りれるところでも自分で買うのとあまり変わらない値段がするから買った方がお得なケースもある。

スキー場にスキーショップが併設されてるところなら現地で買ってもいいだろう。
 

SPONSORED LINK

スキー場で借りれないけど自分で用意した方がいい持ち物

スキー場で借りれないけど基本的に用意した方がいい持ち物を紹介する。

  • ネックウォーマー
  • スキー用靴下
  • スポーツ用インナー

 

ネックウォーマー

ネックウォーマーは必須に入れてもいいくらい。
首にはたくさんの血管が通ってるから首を温めると全身が温まる。
首が冷えると全身冷える。
 

スキー用靴下

スキー用靴下も必須にしたいくらい重要。
まず雪の上を歩くのに普通の靴下じゃ寒すぎること。

さらにスキーをやると足の裏に汗をかきやすいが汗が雪で急速に冷えると凍傷になってしまう。
なので分厚い靴下は必須だ。
 

スポーツ用インナー

スポーツ用インナーは必須ではないがあった方がいい。
ヒートテックでも充分だが理想はウィンタースポーツ用インナー。

ヒートテックは汗を吸収して発熱する作用がある。
だがスキーのように汗をかきすぎてしまうと汗を吸水しきれず、冷やされた汗で逆に寒くなってしまう。

そのため冬のスポーツ用にはヒートテックよりも汗を吸水する性能に優れたウィンタースポーツ用インナーがおすすめだ。


mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ(Amazon)
mont-bell ジオライン L.W.ラウンドネックシャツ(楽天)

まとめ

  • スキー場で借りれるものは板、ストック、スキー靴、ウェア上下
  • 借りれないけど絶対必要なものはゴーグル、グローブ、帽子
  • 借りれないけど用意した方がいい持ち物はネックウォーマー、スキー用靴下、スポーツ用インナー
SPONSORED LINK

これもおすすめ!