大学生の引っ越し費用を安く済ませる超簡単な方法

今年から晴れて大学生となり、アパートも決まった。
いざ引っ越しとなったときに考えること。

いかに引っ越し料金を低く抑えるか。

この記事では大学生の引っ越し費用を安く抑える簡単な方法を紹介する。

SPONSORED LINK

大学生の引っ越し費用を安く済ませるには?

引っ越し業者に頼むと単身で地方から東京とかだと相場が30000円ほどになる。

この30000円、果たして払う価値があるのか。

あなたが引っ越し先に何を持っていくかによるが、実は大抵の家具・家電は引っ越し先で買えば済むもの。
わざわざ地方で買って持っていくと輸送代がかかるだけだ。

実家にある古くなった電子レンジや炊飯器を持っていくにしてもそんなの引っ越し先のリサイクルショップなどで買うのと変わらない。
また、大学では卒業生がいらなくなった家具・家電を格安で譲る場が設けられてることが多い。

これを利用しない手はないだろう。

すると大学生が引っ越しするときに持っていく必要があるのは服と化粧用品ぐらいだ。
これならわざわざ30000円も払って引っ越し業者に頼む必要はない。

要は家具・家電は運ばずに現地で調達すること。
これだけで簡単に引っ越し費用は安く済む。

 

SPONSORED LINK

それでもあえて業者に頼むなら?

そうはいってもどうしても実家のお気に入りの家具・家電を運びたいってときもあると思う。
それが実家の車に乗るなら車で運べばいいと思うけど乗らない場合、業者に頼むしかない。

で、安い引っ越し業者の探し方だけど、まず地元の地域密着型の引っ越し業者を探してみよう。
ネットで「地域名 引っ越し 格安」とかで検索するといい。

ただこういう検索の仕方をしても検索結果のタイトルの左のところに広告と書いてあるものは触ってはいけない。
大抵は地域名をでかでかとタイトルに入れときながらただの全国引っ越しサービス業者だ。

地域密着型の引っ越し業者を探すときは広告がないものから選ぼう。

私の場合、たまたまだがこれでほとんど人件費だけで荷物を運んでくれる格安業者を見つけた。
田舎だとこういうこともあるのであなたが田舎住みなら探してみる価値はあると思う。

それで特別安い引っ越し業者が見つからなかった場合、仕方ないので引っ越し一括見積りサイトで一番安い業者を探そう。
これは引っ越し元の住所と引っ越し先の住所を入力すると自動で複数の引っ越し業者の見積もりを一括でしてくれるサービス。

住所を入力するだけで簡単に見積もりできて非常に便利だ。

1分で完結!
最大10社の引っ越し業者から無料で一括簡単見積もり

引越し屋

まとめ

大学生が引っ越し費用を安く抑えたいなら家具・家電を現地で買い、引っ越し業者を頼まなければいい。
それでもあえて引っ越し業者を頼むなら地域密着型の格安業者、またはネットで複数の会社の一括見積サービスを利用する。

SPONSORED LINK

これもおすすめ!