洗濯洗剤は粉末と液体どっちがいい? それぞれのメリット・デメリット

洗濯の洗剤ってみんな割となんとなく使ってると思います。

私の場合、最初に買ったのが粉末だったのでしばらく粉末洗剤を使っていましたが、今は液体洗剤使ってます。
最初にちゃんと調べていたらたぶん最初から液体洗剤を使ってたと思います。

ってことで私のおすすめは液体なんですが、これから洗剤どっち使うか考えてる人のために、粉末洗剤と液体洗剤の違いを比較してみます。

SPONSORED LINK

洗濯洗剤は粉末と液体どっちがいい?

洗濯洗剤は液体と粉末が売ってるけどどっちが使いやすいのでしょうか?

ちなみに全国的に使用者が多いのはどちらなんでしょうか?

まぁドラッグストアの洗剤コーナー見れば勘のいい人はわかるかもしれませんが・・・。

2014年7月のマイナビウーマンが300人の女性に調査した結果によると

約8割の女性が液体を使っているそうです!

やはり液体派が圧倒的に多いんですね^^

ではここで簡単に粉末洗剤と液体洗剤の特徴を挙げてみます。

粉末洗剤 液体洗剤
性質 弱アルカリ性 中性
洗浄力 強い 弱い
費用 安い 粉末よりは高い
衣類の傷みやすさ 強い 弱い
洗濯の手間 若干めんどくさい

 

SPONSORED LINK

粉末洗剤と液体洗剤それぞれのメリット・デメリット

次にそれぞれの洗剤のメリット・デメリットを比較してみます。

粉末洗剤のメリット

洗浄力が強い

洗浄力は液体タイプより全然強いです。
さらに衣類の汚れのほとんどは酸性なのでアルカリ性の粉末洗剤は衣類の汚れを効率的に落とせます。
 

安い

体感だけど粉末洗剤はなくなるまでかなり時間がかかるイメージ。
液体洗剤は割とすぐなくなるイメージです。

粉末洗剤の方が経済的なのは確かです。
といっても洗剤ってそもそも安いので大した節約にはならないですけどね^^;
 

どこでも買える

粉末洗剤はどこのドラッグストアでも大体買えます。
液体の場合は本体と詰め替え用が分かれててめんどくさいですが、粉末ならそういう悩みがないので楽に手に入ります。
 

粉末洗剤のデメリット

衣類が傷みやすい

おしゃれ着などで洗濯機は弱やネットを使用してくださいと書かれたものには粉末洗剤を使わない方がいいです。
そういう衣類に使うとごわごわになってしまう可能性が高いがあります。
 

冬はお湯に溶かさないと使えない

粉末は溶けにくいため、冬の冷たい水道水では溶けません。
なのでお湯にとかしてから使う必要があり、めんどくさいです。

粉末の意味ないじゃん!って思ったのは私だけじゃないはず・・・。
 

手が汚れる

粉末が手についてヌルヌルします。

なぜかというと粉末洗剤は箱の中に洗剤と一緒に測りのスプーンが入ってるのでそれを取り出すと必然的に洗剤に触ってしまうのです。
私が粉末洗剤使ってた時はこれを触った後ヌルヌルになった手を洗うのがいつもめんどくさかったです。

またたまにドジって粉末をばらまいてしまうこともあります。
これはこれで掃除機かけなくちゃいけなくてかなりめんどくさいですね^^;
 

液体洗剤のメリット

手間がかからない

注ぐだけなので粉末と比べて洗濯が非常に楽です。
これがめんどくさがり屋の私には実にすばらしい^^
 

手が汚れない

液体洗剤はボトルで注ぐだけなので洗剤が手について汚れる、ということがほぼありません。
これは意外と大切です。粉末だとどうしても手についちゃってヌルヌルするので^^;
 

時短になる

液体は水に溶けやすくすすぎが楽。洗濯機の機能にもよりますがすすぎ時間を短縮できます。
まぁいつも全自動でスタートボタン押すだけの私の洗濯方式だと関係ないですけどね^^;
 

液体洗剤のデメリット

洗浄力が弱い

粉末と比べるとどうしても洗浄力が弱いです。
これは仕方ないと割り切るしかありません。
 

本体ボトルが手に入りにくい

液体洗剤はドラッグストアに詰め替え用ばかりが売ってます。
なぜか本体ボトルは一切置いてない店も多いです。

詰め替えろということなんでしょうが、初めて買う人はどうすりゃええねん!って話ですよね。
私も正直ムカついたので記事書きました。参考にどうぞ。

洗剤や柔軟剤の本体ボトルが売ってない理由と対処法

基本は液体洗剤 目的に合わせて使い分けよう

ここまで見てきてなぜ液体洗剤を使う人が多いのか理解できたでしょうか?

要は液体洗剤の使い勝手がめちゃめちゃいいんです!

フタを開けてちょろちょろーっと注ぐだけで簡単^^

でもだからといって粉末洗剤が使えないわけじゃありません。
粉末洗剤の洗浄力の強さは時と場合によっては重宝します。

例えば子供が泥だらけで帰ってくるような場合は粉末洗剤が大活躍します。
ただし、その場合、おしゃれ着は分けて液体洗剤で洗わなければなりません。

汗をかきやすい夏だけ粉末にして他は液体にするなど、季節で使い分ける、というのもありです。

また基本液体洗剤を使い、夏など匂いが気になり出してから粉末洗剤に切り替えるのもありでしょう。
余談ですが液体のままで匂いだけ落としたい場合は酸素系漂白剤に1時間程度浸け置きしてから洗濯するとよく落ちます。

まとめ

  • 洗濯洗剤は液体と粉末があるが液体派の方が圧倒的に多数派
  • 理由は液体の方が使いやすいから
  • 洗浄力は粉末の方が圧倒的に上なので普段は使いやすい液体を、汚れがひどいときだけ粉末にするなどして使い分けるといい

個人的には粉末洗剤から液体洗剤に変えたことで選択した後手がほとんど汚れないため、手を洗う手間がなくなった分洗濯の時短につながったのがデカいです。

SPONSORED LINK

これもおすすめ!