扶養控除等(異動)申告書を2か所以上に提出してはいけない理由と対処法

フリーターがよくやっちゃうこと。

扶養控除等(異動)申告書を2か所以上に提出。

これは本来やってはいけないことです。
でもフリーターという職業の性質上、仕方ないと思います。

もし提出してしまった場合、どう対処すればいいかまとめてみました。

SPONSORED LINK

なぜ2か所以上に扶養控除等(異動)申告書を提出してはいけないか

まずこの理由を説明します。

本来、1か所の勤務先の給与だけが甲欄(扶養控除等(異動)申告書を提出した先)、それ以外の勤務先の給与は乙欄で処理されるのが正しいです。
これが2か所以上の勤務先の給与が甲欄になっている場合、どうなるのか?

甲欄と乙欄の違いについて

「甲欄」の人の場合

通常、その人の主たる収入を得ているところで働く人は「甲欄」。年末調整や確定申告で、所得税の計算をするとき、給与所得については、「給与所得控除額」という控除(最低65万円)や、扶養控除(1人あたり最低38万円)、そして扶養親族がいなくても引いてもらえる基礎控除(38万円)といった金額を控除した上で、税率をかけて税額を計算する。「甲欄」の人は、それを1か月あたりに引き直して算出された税額を引かれる。

「乙欄」の人って??

ダブルワークやトリプルワークなどで、複数からお給料をもらってる人、主たる収入を別のところからもらってる人、つまるところ、「甲欄」適用の主たる給与がある上で、別事業所からの給与をもらってる人は、「乙欄」適用。甲乙分けているのは、国は、二重・三重の控除になることで、本来より低い税額になってしまうことを避けたいから。そこで主たる給与以外は、こういった控除は一切なしという前提で計算することになっている現実。

引用元:https://www.my-career.jp

つまり、甲欄の給与は税金がいろいろ控除されている分、月々に支払う税金が少なくて済みます。
対して乙欄の給与は税金の控除がないため、甲欄よりも月々に支払う税金がかなり高くなります。

だから2か所以上が甲欄になっていた場合、税金の控除を受けすぎていて、本来納めるべきはずの税金を納めていないことになってしまいます。
そのため、確定申告してこれを清算しなければなりません。

SPONSORED LINK

扶養控除等(異動)申告書を2か所以上に提出してしまった人のとるべき手順

では扶養控除等(異動)申告書を2か所以上に提出してしまった人が具体的に取るべき手順を解説します。

まず年末調整についてですが、年末調整はしなくていいです

そもそも年末調整というのは個人がする確定申告を会社が代わりにやってくれるもの。
2か所以上で勤務している場合、すべての会社の源泉徴収票をメインの勤務先に提出することで年末調整することも可能っちゃ可能です。

ただし、甲欄が2つ以上混ざってた場合は税金を清算する必要があるため、やはり自分で確定申告する必要があります。

メインの勤務先は年末調整しようとしてくるだろうが、断りましょう。
なぜなら年末調整=確定申告の肩代わりであり、してもらったとしても2度手間になるだけだからです。

逆にこのケースで年末調整してもらっておいて自分で確定申告しなかった場合、脱税になってしまいます。
だから調整なしの源泉徴収票をもらって自分で確定申告するのが一番いいやり方です。

確定申告するためにはすべての勤務先の源泉徴収票が必要になるのでもらっておきましょう。

フリーターが確定申告で用意すべき書類については、こちらの記事をお読みください。

フリーターの確定申告で必要な書類と用意する方法

すべての職場の源泉徴収票と健康保険などの書類を揃えたら、確定申告しに行きます。

確定申告のやり方については、各地域の税務署が毎年2~3月に実施している確定申告コーナーでやるのが一番簡単です。
税務署の職員が確定申告書類の書き方を手取り足取り教えてくれます。

サブの勤務先には扶養控除等(異動)申告書の提出を取り下げる旨を伝える

仮に確定申告したとしても、その後も勤務先に何も言わなければ甲欄で処理されると思います。
サブの勤務先にはきちんと扶養控除等(異動)申告書の提出を取り下げる旨を伝え、今後乙欄で処理してもらうように伝えましょう。

毎年確定申告してるなら問題ないっちゃないのですが、万が一それで確定申告し忘れた場合に、あなたが脱税したことになってしまうのでこれはやっておいた方がいいです。

また、今後別の箇所で新しくサブのバイトを始める場合も、扶養控除等(異動)申告書は提出してはいけません。
 

SPONSORED LINK

掛け持ち先でメインが変わった場合

メインの職場を退職してサブの職場がメインに変わるってこともフリーターならよくあることでしょう。

その場合、メインにしたい職場にそれまでのメインだった職場を辞めたことを伝え、「こちらをメインにしたいので扶養控除等(異動)申告書を提出したいんですが・・・。」と伝えます。

途中でメインの仕事とサブの仕事をチェンジしたくなったら?
こんなケースもあるかもしれません。

その場合、メインの方では「これから別の職場をメインにしたいので扶養控除等(異動)申告書を取り下げたい旨」を伝え、サブの方には「今後はこちらをメインにしたいので扶養控除等(異動)申告書を提出したいんですが・・・。」と伝えればいいです。

まとめ

  • 2か所以上に扶養控除等(異動)申告書を提出してはいけない
  • 理由は甲欄・乙欄で税金が変わり、甲欄が2か所以上あると税金の控除が多すぎになり、正しく税金を払っていないことになるため
  • 扶養控除等(異動)申告書を2か所以上に提出してしまった場合、すべての勤務先の源泉徴収票を持って確定申告しに行く
  • これを怠ると脱税扱いになってしまう
  • サブの勤務先には扶養控除等(異動)申告書の提出を取り下げる旨を伝える
  • 掛け持ち先でメインが変わった場合、それまでのメインの勤務先では扶養控除等(異動)申告書の提出を取り下げる旨を伝える

以上、フリーターは税関係の処理がいろいろ面倒でたぶん正しく税金を払っていなかった人は大勢いると思います。
今後はマイナンバーの影響もあり、脱税が発覚しやすいから税金処理は正しくやっておいた方がいいですよ。

SPONSORED LINK

これもおすすめ!