ブレーカーが落ちてネットに繋がらなくなったときの対処法と原因

ブレーカーが落ちて復旧したはいいけど今度はネットに繋がらなくなった。

これは結構よくあることですが、ネット繋がらなくなると焦るしイライラしますよね。
私も昔何度も経験したことがあります。

この記事では、ブレーカーが落ちてネットに繋がらなくなったときの対処法を紹介します。

SPONSORED LINK

ブレーカーが落ちてネットに繋がらなくなったときの対処法

ブレーカーが落ちてネットが繋がらなくなると非常に困りますが、対処法自体は意外と簡単です。

  1. モデムとルーターの電源を切る
  2. 3分待つ
  3. モデムの電源を入れる
  4. 1分待ってからルーターの電源を入れる

これでほとんどのケースは直ります。
直らない場合、待ち時間を長くして試してみましょう。

めったにないことですが何度やっても直らない場合はモデムかルーターのどちらかが壊れてる可能性が高いです。
その場合は仕方ないのでモデムかルーターのサポートに問い合わせるしかありません。

NTTなら
NTT東日本 0120-000-113
NTT西日本 0120-248-995

に問い合わせてください。

なぜブレーカーが落ちるとネットに繋がらなくなるのか?

そもそもなぜブレーカーが落ちるとネットが繋がらなくなるんでしょうか?

これはネットに繋ぐためのモデムとルーターの仕組みが原因です。
モデムが動いてる状態でルーターを起動しないと正しく動きません。

ブレーカーが落ちて復旧するとモデムの起動とルーターの起動が動作が同時になってしまうためにこの現象が発生します。

なのでまず先にモデムの電源を入れ、後からルーターの電源を入れることで手動で時間差を作ってやることが大事なのです。

でもブレーカーが落ちる度にこの現象が起きちゃったりするんですが、正直これはかなりめんどくさいですね。
正しい方法を知っていれば復旧はできますが、結構時間がかかるしネットになかなかつながらずイライラするので。(経験者)

この現象を起こさない方法が2つあるので紹介します。
 

SPONSORED LINK

ブレーカーが落ちるたびにネットに繋がらなくなるのをどうにかする方法

1. 電気の契約アンペア数を上げる

ブレーカーが頻繁に落ちるのは電気の契約アンペア数が低すぎるのが原因です。
電力会社に電話して契約アンペア数を上げてもらいましょう。

一人暮らしの電気料金と契約アンペア数 20Aか30Aならどっちがいいか?

ちなみに一人暮らしなら電気の契約アンペア数は20Aか30Aが普通ですが、20Aだとよく落ちるので30Aにしてもらうといいです。
 

2. インターネットをポケットwifiに変える

モデムとルーターを使ったインターネット接続方法だと必然的にこういう現象が起きてしまいます。
でもポケットwifiならこの現象は起きません。

ポケットwifiは基本は持ち運び用のwifiなんですが普通に自宅用としても使えます。

一人暮らしならポケットwifiで携帯、パソコンすべてまかなってる人も結構いると思います。
これだと携帯は電話代しかかからず節約になるのでおすすめです。

私も昔はモデムとルーターでしたが、今はポケットwifiになって出費的にも、場所的にもすごくスッキリしました。
もちろんブレーカー落ちるたびにネット繋がらなくなってイライラする悩みからも解放されましたしね^^

ポケットwifiは業者によってだいぶ料金に違いはありますが、Yahoo!が安くておすすめです。

Yahoo!からモバイルルーター登場!
端末0円、送料0円、初期費用0円!
業界最安の月額月額1,980円!(税抜)【Yahoo! WiFi】はこちら

まとめ

  • ブレーカーが落ちてネットに繋がらなくなったときはモデムとルーターを時間差をつけて起動し直すと大体直る
  • まず両方の電源を切り、先にモデムの電源を入れ、後からルーターの電源を入れるといい
  • ブレーカーが落ちるたびにネットに繋がらなくなるのは不便すぎるので電気の契約アンペア数を上げるか、ポケットwifiにするといい
SPONSORED LINK

これもおすすめ!