青春18きっぷ 大阪発で元を取れる片道・日帰り旅行プラン

青春18きっぷは5枚1セットになっている。
1枚当たりの料金は2370円。

でもこれを見ただけじゃどこまで乗ればお得かがわかりにくい。

そこで青春18きっぷでお得になる大阪発の具体的な片道・日帰りの旅行プラン例を挙げてみる。

SPONSORED LINK

青春18きっぷ 大阪発で元を取るにはどこまで乗ればいいか?

青春18きっぷは5回分で11,850円。
元を取るには1日当たり2,370円以上利用しなければならない。

片道で2,370円
往復で1,185円

乗る必要がある。
 

距離に換算すると

片道だと約140km
往復だと約70km

離れた場所まで行く必要がある。

料金や距離だけではイメージが湧きにくいと思うので具体的な旅行プランの例を見てみよう。

片道で元を取れる旅行プランの例

ちなみに片道で行く = お泊りコースが基本だ。
 

名古屋観光ツアー

経路:大阪→名古屋
片道料金:3,350円
所要時間:2時間43分

大阪からちょっと遠出するなら定番は名古屋。
名古屋城、名古屋港水族館、リニア・鉄道館、さらに名古屋から直通バスで三重の長島スパーランドやなばなの里にも行ける。
 

尾道観光ツアー

経路:大阪→尾道
片道料金:4,430円
所要時間:4時間07分

大阪からちょっと遠いところまで遠征するときのもう1つの定番「広島」の観光地「尾道」
千光寺公園、しまなみ海道、そして江戸時代の名残を感じる尾道の商店街でのんびりできる。
 

城崎温泉外湯巡りツアー

経路:大阪→城崎温泉
片道料金:3,350円
所要時間:4時間14分

城崎温泉周辺は外湯には入れたり、食事処やおみやげやが豊富な温泉街。旅の疲れを癒しつつ、のんびり楽しめる。

岡山&倉敷ツアー

経路:大阪→岡山
片道料金:3,020円
所要時間:2時間34分

岡山→倉敷はJR伯備線で17分。
岡山後楽園、倉敷美観地区を始め、岡山、倉敷ともに観光スポットが豊富。
 

SPONSORED LINK

日帰りで元を取れる旅行プランの例

姫路城観光

経路:大阪→姫路
往復料金:2,980円
所要時間(片道):1時間25分

大阪から日帰り旅行ならやっぱり定番は姫路城。
近いけどちゃんとお得になる。
 

奈良&京都観光

経路:大阪→奈良→京都
往復料金:1,490円
所要時間(片道):1時間14分

奈良京都単体では距離が足りず元は取れないが、大阪→奈良→京都→大阪を1日で一周すれば元が取れる。
奈良&京都は修学旅行の定番。大人になってから懐かしの旅行をしてみるのも新鮮でいいと思う。
 

和歌山観光

経路:大阪→和歌山
片道料金:1,240円
所要時間(片道):1時間30分

定番の高野山他、テーマパーク「アドベンチャーランド」などが人気。
 

白崎海洋公園

経路:大阪→紀伊由良
往復料金:3,880円
所要時間(片道):2時間37分

日本のエーゲ海と呼ばれる、景色がきれいな海岸沿いの公園。カップルに人気。
 

長浜観光ツアー

経路:大阪→長浜
往復料金:1,940円
所要時間(片道):1時間38分

豊臣英寿が過ごした長浜城、江戸を感じる漆使った家の多い黒壁スクエアなど、日本の歴史を感じられる観光地。
 

福知山城&福知山温泉ツアー

経路:大阪→福知山
往復料金:1,940円
所要時間(片道):2時間11分

明智光秀に建てられた福知山城を堪能した後、福知山温泉でのんびりしよう。

まとめ

大阪発での青春18きっぷで元を取れる旅行のイメージは掴めただろうか?
ちなみに青春18きっぷは5回分あるので1回の旅行で使い切るのは難しい。

実は青春18きっぷは金券ショップで余りを売ったり、バラを買ったりすることで真価を発揮する。

SPONSORED LINK

これもおすすめ!