リビングは遮光カーテンか普通のカーテンか? メリット・デメリットは?

リビングのカーテンは遮光にするか普通のにするかで結構迷い所。
普通のカーテンと遮光カーテンのメリットデメリットが知りたい。

また、普通のカーテンでは外から見えないのか?

など、遮光カーテンと普通のカーテンについて解説する。

SPONSORED LINK

リビングは遮光カーテンか普通のカーテンか? それぞれのメリット・デメリット

まずは遮光カーテンと普通のカーテンのメリット・デメリットについて解説する。
 

遮光カーテン

メリット

  • 昼間でも真っ暗にできる
  • 断熱効果でエアコンの効果が上がり、省エネになる
  • 紫外線を防げる
  • 外からまったく見えないのでプライバシーを守れる

 

デメリット

  • 遮光性が強いものほど暗い色しか選べない
  • 朝日差しが入ってこないため、気持ちよく起きれない
  • 昼間にカーテンを閉めると真っ暗になるため、常に電気が必要

 

普通のカーテン

メリット

  • デザインが豊富でおしゃれできる
  • 昼間カーテンを閉めても明るいので電気なしで活動できる
  • 値段が安い

 

デメリット

  • 昼間真っ暗にできない
  • 紫外線を防げない
  • 外からシルエットが見えてしまう

 

遮光カーテンの効果は遮光だけじゃない

遮光カーテンの効果は遮光以外にも

  • 断熱効果
  • 紫外線を防ぐ効果

があり、夏は日差しを防いで涼しく、冬は寒気を防いで暖かくなる。
暖房の結露も防げ、エアコンの暖気や寒気も逃げにくくなるので省エネ効果も高い。

また、紫外線のをカットすることにより、壁などの変色を防げるし、肌の健康にもいい。
 

SPONSORED LINK

普通のカーテンだと夜に外から見えてしまうって本当?

また、普通のカーテンでは夜に外から見えるんじゃないかと心配する人がいる。
これについては内側にレースカーテンをつければ解決する。

ほとんどの人はリビングにはレースカーテンを付けると思うのであまり深く考えなくていいはずだ。

そもそも普通のカーテンのみだったとしても、窓の近くで動けばうっすらとシルエットが見える程度。
それをわざわざ見たがる人がいるとは私にはとても思えない。

夜間に外から見えるか見えないかで悩む人は少々自意識過剰すぎるのではないかと思う。

目的別のカーテンの選び方

節約や機能を重視するなら遮光カーテン

節約を考えるなら断熱効果の高い遮光カーテンがおすすめ。

日中遮光カーテンを閉めると常に電気をつけなければいけなくなるが、それでもエアコン代よりははるかに安い。

また、遮光カーテンがあると昼間でも部屋を真っ暗にできる、というメリットがある。

これにより、昼夜逆転生活もできるし、ホームシアターを楽しんだりできる。
 

デザインを重視するなら普通のカーテン

デザイン重視なら普通のカーテンがおすすめ。
遮光カーテンにはほとんどデザイン性がないものしかない。

デザインにこだわるなら普通のカーテン+レースカーテンでほぼ決まりだ。
といっても最近の遮光カーテンはおしゃれなものもでてきているので、ぶっちゃけどちらでもいいと思う(笑)

こんなのとか。3級遮光だけどアシンメトリーのリーフ柄デザイン。

北欧風 アシンメトリー柄カーテン オリーヴ3級遮光

こちらも2級だけどひまわりのデザインがおしゃれでかわいい。

ひまわり デザイン

まとめ

  • 遮光カーテンは遮光+断熱効果があり、便利だが暗い色が多く、おしゃれはしにくいしちょっと高い
  • 普通のカーテンはおしゃれはしやすいが遮光と比べると機能に劣る
  • リビングの場合はレースカーテンをつけるため、普通のカーテンでも外から見えない
  • 節約重視なら断熱効果のある遮光カーテン、デザインを重視するなら普通のカーテン。でも最近の遮光はおしゃれなので遮光でもいい
SPONSORED LINK

これもおすすめ!