日光東照宮周辺の駐車場 混雑時でも空いてる穴場や観光に便利なのはどこ?

日光は東照宮を初めとして、日本を代表する世界遺産が集まる場所。
だからゴールデンウィークや夏休み、紅葉の時期の混雑が激しい。

日光は1本道が多く、特にいろは坂の通過が鬼門。

そんな混雑時の日光観光をスムーズに進めるためには、駐車場をどこにするかは超重要だ。
この記事では、日光の駐車場の中でも誰でも一度は使う、東照宮周辺の駐車場に的を絞って解説する。

SPONSORED LINK

日光東照宮周辺の駐車場情報 有料編

東照宮大駐車場

駐車料金:600円/日
収容台数:200台
アクセス
住所:栃木県日光市山内2301
東照宮から徒歩1分
 

日光でもっとも知名度の高い駐車場なので混雑必至だが、収容台数は200台と一番多い。
ここに待ちなしで停めるなら朝9時までには到着していたいところ。

また、仮に埋まっていたとしても200台あるので空くまで少し待てば入れるだろう。
東照宮の平均滞在時間は2時間程度なので回転はそこそこ早いはず。

日光輪王寺第2駐車場

駐車料金:510円/日
収容台数:100台
アクセス
住所:栃木県日光市2300
東照宮から徒歩1分
 

輪王寺と東照宮を同時に見るのに絶好の駐車場。
収容台数も100台と多い方だが、輪王寺と東照宮を両方見る人は多いので繁忙期には真っ先に埋まると思っていい。

紅葉時期やGWは避けた方が無難。
 

二荒山神社駐車場

駐車料金:500円/日
収容台数:50台
アクセス
住所:日光市山内 2307
東照宮から徒歩8分
 

ちょっとわかりづらい場所にあるため、比較的空いてることが多い穴場駐車場。

二荒山神社も世界遺産のひとつなので東照宮と同時に見ておくべきスポット。
それで空いてるとなればまさに繁忙期に狙うべき場所だろう。
 

西参道第1第2第3駐車場

駐車料金:510円/日
収容台数:計213台
アクセス
住所:日光市安川町3 安川町2282-2(第1)
東照宮まで徒歩8分
 

国道120号線沿い、神橋交差点近くという一番混雑する場所にあり、日光東照宮付近で一番大きな駐車場。

そのため、混雑は激しいけど空きが出るまでも早い。
 

御幸町第1(76台)第2(30台)駐車場

駐車料金:510円/日
収容台数:計103台
アクセス
住所:日光市御幸町 521
東照宮まで徒歩15分
 

少し離れたところにあり、東照宮まで15分程度歩く。

神橋の手前、国道119号線から少し入ったところにある。

ここが空いてて足の悪い人がいなければ即決して入ろう。

みんな奥の駐車場に行きたがるのでここは比較的空いてる可能性が高い。
 

市営神橋駐車場

駐車料金:510円/日
収容台数:60台
アクセス
住所:日光市山内 2388-3
東照宮まで徒歩12分
 

小杉ほうあん記念日光美術館前にある駐車場。
何気に60台も停めれる穴場。

他と比べるとアクセスが少し不便なこともあり、空いてる可能性が高い。

近くに油元という手作り弁当&土産物屋があるのも便利。
 

日光駅前駐車場

駐車料金:510円/日
収容台数:35台
アクセス
住所:日光市相生町 181-4
東照宮まで徒歩25分

日光の観光地までは徒歩25分とやや遠いが、日光駅なので鬼怒川や東武ワールドスクエアなど、日光以外の観光地にも行きたいときには便利な駐車場。

2時間100円と安いのも嬉しい^^
 

日光田母沢御用邸記念公園駐車場

駐車料金:200円/日
収容台数:123台
アクセス
住所:栃木県日光市本町8-27
東照宮まで徒歩17分

国道120号線をやや歩くが、道沿いにお土産物屋や飲食店が並んでいるので飽きない^^
公園邸内でも日光みやげがここに停めるならぜひ、寄っていこう。

日光東照宮付近の駐車場情報 無料編

日光市上鉢石駐車場

無料
収容台数50台
アクセス
住所:栃木県日光市 上鉢石町1101-2
東照宮まで徒歩13分

神橋の手前にあるので神橋を観光してから東照宮に行けるという、無料なのになかなかいい位置にある駐車場。
収容台数も50台と多めなので空いていれば絶対停めてしまいたいところだ。
 

日光総合支所駐車場

土日祝のみ無料開放
収容台数20台
アクセス
住所:栃木県日光市中鉢石町 999
東照宮まで徒歩20分

日光市役所の駐車場。
市役所が営業してない土日に無料開放される。

目の前にバス停があるのでバスも利用できる。

ただし、20台までなので空いてたらラッキー。
 

臨時公園駐車場

土日祝のみ無料開放
収容台数10台
アクセス
住所:栃木県日光市本町8-27
東照宮まで徒歩15分

こちらも日光東照宮に近く、土日無料開放の駐車場。
こちらは、10台までなので空いてたらかなりラッキーだ。
 

日光市大谷川河川敷駐車場

無料
収容台数50台
アクセス
住所:栃木県日光市宝殿 66
東照宮まで徒歩25分

日光駅の裏側にある穴場的な無料駐車場。
渋滞がそれほどないようなら日光駅からバスで東照宮に行くのも手。
 

日光市小倉山森林公園駐車場

無料
収容台数30台
アクセス
住所:栃木県日光市所野2848
東照宮まで徒歩25分

東照宮の近くにある公園にある無料で使える駐車場。
ひっそりとした場所にあるので普通の観光客は気づかない穴場だ。
 

SPONSORED LINK

混雑時でも空いてる穴場駐車場は?

日光は紅葉時期やゴールデンウィークは非常に混む。
でも見てわかると思うが、駐車場の収容台数は少なめだ。

だから駐車場はすぐに埋まってしまう。
なので繁忙期の日光に行くなら混みにくい駐車場を把握しておくべきだ。

日光東照宮付近で混雑時でも比較的空いてる駐車場は・・・

  • 二荒山神社大駐車場(50台)
  • 御幸町駐車場(106台)
  • 市営神橋駐車場(60台))

 
この3つが比較的混まない穴場駐車場だ。
 
無料駐車場の中では・・・

  • 日光市大谷川河川敷駐車場(50台)
  • 日光市小倉山森林公園駐車場(30台)

この2つが比較的混まない。
ただ日光の駐車場は有料でも1日500円弱と安いのでケチる必要性はあまり感じないけどね^^;

日光観光に便利な駐車場は?

ちなみにアクセスの便利さで選ぶとしたら

  • 東照宮大駐車場(200台)
  • 西参道駐車場(213台)

 
無料なら

  • 日光市上鉢石駐車場(50台)

が便利だ。

混雑状況によってどの駐車場にするか選ぼう。

日光東照宮は朝8:00にオープンするので混むのは8:00~11:00頃。
9時までに到着できるなら東照宮大駐車場や西参道駐車場が狙える。

また、例えば旅行日程がその日は東照宮周りだけとかならどこに停めても問題ない。

でも日光を観光する場合、東照宮付近だけで終わりではなく、東照宮付近の観光が終わったらいろは坂を上って中禅寺湖を見に行く人も多いと思う。

この場合、車は一度停めたら停めっぱなしではなく、移動が必要になる。

なのでたとえ混雑を避けるためであってもあまりにアクセスの悪い駐車場を選んでしまうと不便だ。

だから混雑する時期に日光を観光するときはどの道路がどの時間に一番混むのか把握した上でしっかり計画を立てておくといい。

まとめ

日光の駐車場は小さな駐車場がたくさんあり、選択肢が多い。
初めて日光に行く人はどこに停めていいかわからないと思う。

日光観光では駐車場がかなり重要だ。
この記事を読んで日光観光役に立ててほしい。

SPONSORED LINK

これもおすすめ!