あしかがフラワーパークへの車での行き方と佐野アウトレットへのアクセス

最近イルミネーションが人気を集め、急激に来場者が増えているあしかがフラワーパーク。

でも足利は栃木県の田舎なのでアクセスが悪い。
でも東京からは割と近いので車で行く人も多いだろう。

この記事ではあしかがフラワーパークへの車での行き方と、近くの大型ショッピングモール、佐野アウトレットへ行き方を紹介する。

SPONSORED LINK

あしかがフラワーパークへの車での行き方

まず、足利は北関東、栃木県の南に位置し、首都圏から車・電車で90分圏内にある。
東京の人、埼玉の人は日帰り余裕の距離だろう。

あしかがフラワーパークに行くには経路が2つある。

  1. 東北自動車道
  2. 北関東自動車道

それぞれ解説する。
 

1. 東北自動車道を使う場合

  • 佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)

2. 北関東自動車道を使う場合

  • 太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)
  • 足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
  • 佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)

Googleマップ


 

あしかがフラワーパークから佐野アウトレットへのアクセス

あしかがフラワーパークと一緒に訪れる場所として、関東三大アウトレットのひとつ、佐野アウトレットは一番行く人が多いと思う。

そこであしかがフラワーパークから佐野アウトレットへの行き方を解説する。

ちなみに、

春の「ふじのはな物語」期間
午前中「あしかがフラワーパーク」→午後「佐野プレミアムアウトレット」
イルミネーション期間
昼間「佐野プレミアムアウトレット」→夕方「あしかがフラワーパーク」

というのが定番の観光パターンだ。

では、足利フラワーパークと佐野アウトレット間のアクセスは・・・

  • 佐野バイパス/国道50号線経由で20分
  • または県道67号線経由で25分


 

SPONSORED LINK

混雑時に避けたい道路

あしかがフラワーパークは近年人気急上昇中なので訪れる時期によっては混雑がやばい。

あしかがフラワーパークの混雑ピークについてはこちらに記事を書いたので読んでほしい。
あしかがフラワーパークの混雑ピーク 佐野アウトレットは渋滞やばい?

ここでは混雑時に避けたい道路について解説する。

東北自動車道の佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面ルート。
このルートは近くの「佐野プレミアムアウトレット」へと向かう車とかぶるため避けた方がいい。

また、国道67号、128号は田舎道なので比較的空いてると可能性が高い。
以下のルートをおすすめする。

  • 足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
  • 佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)

 

電車も車も選択肢としてある人は「1時間に1,2本の電車」か、「渋滞して進まない車」かの究極の選択になるが、電車を選んだ方がまだマシだろう。

とはいえ、佐野アウトレットはあしかがフラワーパークから割と近く、混んでさえいなければ20分ちょっとでいける。

これは日帰りで一緒に行くにはちょうどいい場所だ^^
いくら混雑するといっても一緒に行きたいのが本音だろう。

そういう人のための裏技として、午前中佐野アウトレットで買い物した後、両毛線佐野駅の駐車場に車を止め、あしかがフラワーパークには電車で行く、という方法がある。

佐野駅から富田駅までは1駅。富田駅からあしかがフラワーパークへは徒歩12分だ。

  1. 佐野アウトレット→佐野駅

  2.  

  3. 佐野駅→富田駅(両毛線で5分)
  4.  

  5. 富田駅→あしかがフラワーパーク


 

この裏技を使えば大渋滞してて普段は20分の距離なのに1~3時間もかかってしまう「あしかがフラワーパーク→佐野アウトレット」間のルートを回避できる。

ただ、佐野駅自体は駐車場を持っていない。佐野駅周辺500m圏内に小さな駐車場が3か所あるのでそこに停めよう。

参考 (JR東日本 佐野駅 周辺駐車場)

まとめ

あしかがフラワーパーク周辺には、佐野アウトレット以外にも観光地はあるにはある。
でもやっぱりみんなが行きたいのは佐野アウトレットだと思う。

渋滞がやばいのは事実だが、この記事で紹介した方法を上手く使えばなんとかなるだろう。
藤の大藤でお花見&買い物プラン、イルミネーション&買い物プランをぜひ楽しんできてほしい^^
 
こちらの記事もおすすめ
あしかがフラワーパーク周辺観光地8選とおすすめプランの提案

SPONSORED LINK

これもおすすめ!