あしかがフラワーパーク 電車での行き方と佐野アウトレットへの行き方

densya

あしかがフラワーパークのある足利市は北関東、栃木県の南に位置し、首都圏から電車で90分圏内。

東京の人、埼玉の人は日帰り余裕の距離だ。
でも田舎だからどういう経路で行けばいいのかいまいちわかんないんだよねーって人も多いはず。

この記事では電車でのあしかがフラワーパークへの行き方に的を絞って解説する。

SPONSORED LINK

あしかがフラワーパークへの電車での行き方は?

で、電車での行き方は2つある。

「電車 + 徒歩」で行く方法と「電車 + 無料シャトルバス」で行く方法だ。
順に解説する。
 

電車 + 徒歩(13分)での行き方

足利フラワーパーク最寄駅はJR両毛線「富田駅」(徒歩13分)
両毛線にはJR東北本線から「小山駅」で乗換えるのが一番簡単な行き方。

【注意】栃木県はド田舎。両毛線は超ローカル路線。電車が1時間に1,2本しか走ってない。東京の電車に慣れてる人はこれにびっくりするだろう。
栃木では電車に乗るときはまず時刻表をチェックし、出発時間を調節するのが基本だ^^

参考 (えきから時刻表:「小山駅」両毛線~高崎方面)

東京方面から小山へ行くときの電車の路線はいくつか種類があるがどれでも行ける。
その時間で一番早いものを使うといい

東京→小山の路線一覧

    1. 新宿→小山(所要時間1時間11分)

湘南新宿ライン(宇都宮線快速)で1本

    1. 新宿→赤羽→小山(所要時間1時間27分)

埼京線で「赤羽駅」乗り換え、上野東京ラインで小山へ

    1. 上野→小山(所要時間1時間16分)

上野東京ラインで1本

    1. 上野→久喜→小山(所要時間1時間16分)

宇都宮線で「久喜」乗り換え、湘南新宿ライン(宇都宮線快速)で小山へ

 

電車 + 無料シャトルバスでの行き方

歩くのがきつい人は電車で足利市駅まで行き、そこから出ている無料シャトルバスを利用しよう。

足利市への行き方

電車:浅草駅→館林駅→足利市駅
東武スカイツリーライン・伊勢崎線で「館林」乗り換え、東武伊勢崎線で足利市へ
 

無料シャトルバス(足利市駅→あしかがフラワーパーク)について

運行期間:基本土日祝日のみ運行(4月中旬~5月中旬は毎日運行だがGW期間は200円かかる)
乗り場:足利市駅南口

運行経路

    1. 東武足利市駅南口

    1. あしかがフラワーパーク

    1. 足利学校前

  1. 東武足利市駅南口

帰りは足利学校に寄れる^^

足利学校は日本最古の学校と呼ばれる歴史的建造物だ。
ついでに観光するにはちょうどいい。
 

時刻表

東武足利市駅南口 あしかがフラワーパーク
9:15 9:45
10:15 10:45
11:15 11:45
12:15  –
13:50 13:20
14:50 14:20
15:50 15:20
16:20

参考:あしかがフラワーパークホームページ
 

SPONSORED LINK

あしかがフラワーパークから佐野アウトレットへの行き方

では次にあしかがフラワーパークから佐野アウトレットへの行き方を紹介する。

午前中あしかがフラワーパークで午後佐野アウトレット、またその逆パターンもあると思うのでわかりやすく両方解説しよう。
 

あしかがフラワーパークから佐野アウトレットへの行き方

経路 手段
①あしかがフラワーパーク→富田駅 徒歩13分
②富田駅→佐野駅 JR両毛線で4分
③佐野駅→佐野アウトレット バスで23分

 

佐野アウトレットからあしかがフラワーパークへの行き方

経路 手段
①佐野アウトレット→佐野駅 バスで23分
②佐野駅→富田駅 JR両毛線で4分
③富田駅→あしかがフラワーパーク 徒歩13分

 

どちらのパターンもこれでOK^^

まとめ

あしかがフラワーパークは近年イルミネーションや大藤でかなり有名になっている。
なので混雑が激しいけど、電車なら少なくとも渋滞しないので安心だ。

ぜひ、栃木を代表するイルミネーションや大藤、花園を楽しんできてほしい。

SPONSORED LINK

これもおすすめ!