夏は犬にエアコンが必要か? 設定温度をどうするかと電気代を抑える方法

共働きの夫婦で犬を飼っていると、犬一匹でお留守番になる。
夏は部屋の温度と湿度が上がり部屋が蒸し暑くなるが、犬一匹のためにエアコンをつける必要があるのだろうか?

またつけるなら設定温度をどうするかや、電気代を抑える方法を紹介する。

SPONSORED LINK

夏は犬にエアコンが必要か?

結論から言うと必要だ。
なぜなら犬は人よりも暑さに弱い生き物だからだ。

人間は暑いと汗をかくことで体を冷やすのに対し、犬は汗をかけないためハァハァすることでしか体を冷やせない。

犬も暑いと熱中症にかかってしまうが、犬は人間以上に熱中症にかかりやすいのだ。

そのため、留守番中の犬が熱中症になった場合、死ぬ危険性が結構あり、実際にペットの犬が熱中症で死んだという事例は多い。

熱中症で亡くなったペットの例

友達のうちの犬は外で飼われていて熱中症で亡くなりました。

うちのポメラニアンは、去年冷房をつけ忘れて仕事に行ったせいで、帰宅したときには冷たくなっていました。

(引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0624/420518.htm)

私の知り合いのワンちゃんが2頭ほど熱中症で亡くなってしまっています。
2頭とも夏の長時間のお留守番中でした。

(引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14162609054)

暑さに弱い犬種について

短頭種と呼ばれる犬種は特に暑さに弱いことが知られている。

短頭種

  • フレンチブルドッグ
  • パグ
  • シーズー
  • チワワ
  • ペキニーズ
  • など

 
他にもシベリアンハスキーやラブラドールなどの寒い地域出身の犬なども暑さに弱い。

また犬にとっての最適な温度は20~25℃程度と言われている。

それに対してエアコンをつけなかったときの都会の夏の室温は35℃を超え、湿度も60%くらいになる。

これでは暑さに強い犬でない限り、かなりの確率で熱中症にかかってしまうだろう。
部屋に誰もいなければそのまま死んでしまう可能性がある。

というわけで夏に犬に留守番させるならエアコンは必須だ。

扇風機ではダメなのか?

では扇風機ではダメなのか?

これはエアコンなしで犬のいる部屋がどれくらい涼しくなるかによる。

マンションなどの閉めきった部屋であればエアコンは必須だ。
素直にエアコンをつけてあげよう。

広めのリビングなど風通しのいい部屋で窓もドアも開けた状態で、室温で30℃以下、湿度60%以下に保てるというなら扇風機だけもありかと思う。

現に私の実家では犬を飼っていたが、窓を網戸にして全部開けて部屋の風通しをよくできる状況だったので扇風機で済ませていた。

また扇風機は汗の出ない犬には効果がないという意見もあるがこれは間違い。

私の犬はよく扇風機の前で涼んでいた。

風は体表面の熱を逃がす効果はあるので汗の出ない犬にも多少は効果があるのだ。
 

SPONSORED LINK

エアコンの設定温度をどうするか?

エアコンの設定温度は電気代節約のためにと28℃くらいに設定する人が多い。
これで平気な犬もいるが、ダメな犬もいる。

実際、エアコンを27℃に設定して留守番させて帰ってきたら熱中症で死にかけてたって犬もいる。

暑さに対する耐性は犬によって違うので弱い犬は本当に弱いってことだ。

なので留守番させる前に休日にエアコンつけてみて自分の犬が室温何度くらいまでなら大丈夫なのか確かめておくべきだ。

ハァハァするのが止まらないようなら危ないってこと。

目安は25~27℃だが、犬によって違うのでちゃんと確かめた方がいい。

犬用エアコンの電気代を抑える方法

犬の命のためとはいえエアコンを昼間の間つけっぱなしにすると
電気代がバカ高くなってしまう。

なんとか電気代を抑える方法はないか考えてみた。

  1. エアコンを最新のものに替える
  2. 大理石マットを併用する
  3. タイマーを使う
  4. 犬をトリミングする

1. エアコンを最新のものに換える

最新のエアコンの電気代は古いタイプや安いものと比べるとなんと4分の1程度

例えばそれまでの電気代が20000円だったとしたらこれがたったの5000円になるのだ。
ここまで電気代を抑えることはできれば、多少初期費用がかかっても数年で元を取れるだろう。

最新のエアコンは元々省電力で稼働するのに加え、センサーで室温を感知して温度が下がれば自動で風を送るのを止め、温度が一定まで上がると自動で風を送るのを再開する仕組みだ。

ってことでもっとも簡単かつ合理的に電気代を節約する方法はエアコンを最新のものに買い換えることだ。
 

2. 大理石マットを併用する

大理石マットは犬がその上に寝そべって体を冷やすのに使う。
石は効率よく熱を吸収して逃がしてくれるのだ。

犬の体を冷やすためのグッズは大理石マット以外にも色々ある。
でもひんやりジェルはかじってしまうと危険だし、アルミシートは時間が経つと温まってしまって効果が薄れる。

なので犬の体を冷やすグッズの中で一番優秀なのが大理石マットなのだ。
重くて運ぶのが大変という欠点もあるが一度買ってしまえばめったに動かすことはないのでそれほどの欠点にはならないだろう。
 

3. タイマーを使う

エアコンのタイマー機能を使い、家を空けてからエアコンがつくまでの時間分電気代を節約する。

気温が上がってくる10時くらいに付く用に設定するといい。
節約したいからってそれ以上遅らせるのはちょっと危ない。

4. 犬をトリミングする

地味だけど意外と効果が高いのが犬の毛を少し刈ってしまうこと。
夏に犬の毛を刈ることをサマーカットと呼ぶ。

ただこれは賛否両論あってサマーカットして地肌を露出させるのは逆効果だという意見もある。
根拠は毛皮に断熱材としての効果があり、毛皮が暑さから体を守っているとのこと。

それは確かに一理あるかもしれないけど逆に毛皮の断熱効果が犬の体の熱を逃がすのも防いでしまうため、体に熱がこもって体温が上がってしまうことにもなる。

なので結局どうなんだろうと思って実際にペットのサマーカットをした人の話を聞くと、サマーカットをしたあと明らかに犬のハァハァが減った、と言ってる人が多い。

ってことで効果はあると考えて間違いなさそうだ。

まとめ

  • 犬は汗をかけないため人間より暑さに弱く、熱中症になりやすいのでエアコン必須。実際に熱中症で死ぬ犬は多い
  • 風通しのいい部屋で窓を開けて室温や部屋の湿度をある程度低く保てるなら扇風機だけでも可
  • エアコンの設定温度は犬によって違うのでハァハァ具合を見て判断する。27℃設定で熱中症になった犬もいるので注意
  • 電気代を節約するにはエアコンを最新のものに換えるのが一番いい
SPONSORED LINK

これもおすすめ!