エアコンなしでの暑さ対策でできることと夜眠れないときの対策

atui

エアコンが欲しいけど事情あって買えない。
またはエアコンつけると気分が悪くなるなどの理由でエアコンを使いたくない人はいると思う。

しかし日本の夏は地球温暖化によりどんどん暑くなってきていて、エアコンなしではかなりきつくなっている。

それでもエアコンなしで生活するにはどんな工夫をすればいいだろうか。

SPONSORED LINK

エアコンなしでの暑さ対策でできること

エアコンなしでの暑さ対策で重要なポイントは直射日光を遮ることと風通しをよくすること。
順番に詳しく解説する。

直射日光を遮る

エアコンなしでの暑さ対策で一番最初にすべきこと。
それは室温を上げてしまう最大の原因である直射日光を遮ることだ。

まず室内は遮光性の高いカーテンでブロック。
ただしこれだけでは不十分で熱が室内にこもってしまう。

ここで活躍するのがすだれ
すだれというのは竹やよしなどを編んで作ったのれんみたいなもの。

すだれは直射日光を遮りつつ、熱もこもらせずに逃がせる、という画期的アイテムだ。

これは部屋の外に設置する。
窓全体が隠れて日陰になるように設置すれば完璧。

これにより直射日光自体も遮れるし、直射日光が窓に当たって発生する反射熱も防げる。

まさにすだれは対直射日光最強の道具と言っていい。

すだれは100円ショップで買えるのでベランダの窓全体が覆えるくらい多めに買うといい。

デザインのいいおしゃれすだれを通販で買うのもありだけどね。

風の通り道を作る

直射日光をブロックして熱の発生を抑えたら、次にやることは部屋に風を通して室温を下げること。

特にアパートやマンションなどは室内に熱気がこもりやすく、室温と外気温が大きく変わってくるから、風を通して室温を外気温に近づけることが重要となる。

これは単純に窓を開ければいいのだが、一方面の窓を開けただけではなかなか風が通らず、効果が薄い。

風は通り道を作ってやることで真価を発揮する。

そのため、窓は必ず2箇所以上開けるのがポイント。
一番いいのは窓を開けたらその反対側にある窓を開けること。

例えば1Rのマンションの部屋だったら窓と玄関のドアを同時に開けるイメージ。
さすがにこれは難しいだろうけど一軒家ならなんとか近いことはできるんじゃないだろうか。

SPONSORED LINK

扇風機で効率よく部屋を換気する方法

風の通り道を作ってもなかなか室温が下がらない場合は、扇風機を窓に向けて動かすと扇風機の背から室内の空気を取り込んで外に吐き出してくれるため、部屋の熱気を逃がすのに効果的。

逆に扇風機の背を窓に向けて動かすと外の空気を吸い込んで部屋の中に吐き出してくれる。

扇風機をうまく使うことで効率よく部屋の空気を外の空気と入れ換えることができるのだ。

特にアパートやマンションでは、窓が一つしかないため、扇風機を使ったやり方をおすすめする。

以上、すっごくシンプルで原始的な方法だけど結局エアコンなしでの暑さ対策はこの2つが一番効果的。

これで大抵の部屋はエアコンなしでもなんとかやっていけるレベルに持っていけるだろう。

それでも暑いってときは首に冷やしタオルを巻くなり、冷えピタシートを使うなりするしかない。

ただ今の地球温暖化が進んだ日本だとどう頑張ってもエアコン使わなきゃ無理な部屋はあると思う。

エアコン使わないと無理なケース

都会でコンクリートが多い地域などは反射熱などもあって都市全体に熱気がこもりやすい。
特に住宅密集外は多くの家庭で使う電化製品の排出する熱なども混ざり、非常に蒸し暑くなる。

つまり都会は田舎と比べてかなり暑さがきつくなる。

またアパートやマンションの1階は風の通りが悪く、湿度も上がりやすいため2階以上と比べて蒸し暑く、エアコンなしはきつい。

エアコンなしだと室温が30℃を超えてしまうような状況で無理すると熱中症になる。
エアコンは最新のものを買えば電気代は古い物の4分の1程度で済むため、夏でも月5000円程度で済む。

これを機に買ってしまうといい。
 

エアコンなしで暑くて眠れないときの対策

次にエアコンなしの部屋で、夜暑くて眠れないときの対策を紹介する。

扇風機は足元に置く

エアコンなしで夜眠れないときの暑さ対策の方法としては扇風機がもっとも有効な手段だ。

そして扇風機は足元に置き、足元から頭まで体全体に風がかかるように首振りにするのがもっとも効果的。

なぜ頭側ではなく足元に置くかというと頭に置くと風を強く感じすぎてしまうからだ。
頭が寒いと感じて扇風機消したら体は全然暑いままだったってことになりやすい。

そもそも寝てるときに顔にかかる扇風機の風が強すぎると寝づらいし、風邪を引きやすくなるため、夜寝るときに関しては足元に置いて最弱モードで首振りが一番適当なのだ。

ただし一晩中扇風機つけっぱなしだとそれでも風邪を引く可能性があるので、タイマーかけて2時間後に切れる設定にしておくといい。

窓を開けて網戸にし、風を通す

風の通り道を作るのは夜も同じ。
網戸で開けて風を通すことで部屋の温度を下げる。

夜は夏でも外の温度は28℃以下になることが多いため、きちんと風が通って室温と外気温が一致すれば眠れないことはないはずだ。

ただしアパートなどで窓を開けれない場合は換気扇を使うしかない。

氷枕にする

扇風機を体全体に風がかかるようにすれば、普通は充分涼しくなると思う。
でもそれでも暑苦しくて無理って場合もあるかもしれない。

そういうときは氷枕を使うといい。
頭を冷やすことは脳に寒いと錯覚させる効果がある。

氷枕のアイスノンソフトは1000円以下だが冷たさが10時間長持ちし、かなりコスパがいい。
 

カーテンを開けたまま寝て、朝日をしっかり浴びて起きる

基本的に夏に夜眠れない原因は暑さなので暑さ対策すればそれでいい。
が、それだけでは不十分でそもそも人は暑いと眠りにつきにくくなり、睡眠時間が短くなる傾向がある。

そのため、暑さ対策と合わせて眠りやすくするための睡眠対策までするとより効果的。

睡眠対策で一番効果があるのは朝日を浴びること。

朝日をしっかり浴びると体内時計がリセットされてきちんと働くようになるため、寝付きが良くなる。

これは意外と効果があるので試してみよう。
体感たくさん浴びれば浴びるほど効果がある気がする。

睡眠サプリを使う

寝るときは副交感神経が活発になることで自然と眠くなるようになってる。
副交感神経を活発にするのはセロトニンという脳内物質。

だからセロトニンを増やすと寝付きが良くなる。
セロトニンを増やすにはトリプトファンという成分を摂取するのが効果的。

トリプトファンは乳製品やナッツ類などに多く含まれるので、寝る前にチーズや牛乳、ピーナッツなどを食べるのもありだ。
でもこれらは脂肪もたっぷりなので太りたくない人にとっては、あまり寝る前に食べたいものではないと思う。

そんな人におすすめなのは、トリプトファンがたっぷり含まれる睡眠サプリを使うこと。

不眠症対策にも使われるこちらのサプリがおすすめだ。


朝日を浴びるのと睡眠サプリを摂ることを並行してやると驚くほど寝つきと寝起きがよくなるので試してみるといい。

まとめ

  • エアコンなしでの暑さ対策で重要なのは直射日光を遮ることと窓を2箇所以上開けて部屋の風通しをよくすること
  • 夜暑くて眠れないときは扇風機を使うのが一番効果的
  • 夜も網戸を使って風をちゃんと通すことも大事。窓が無理なら換気扇
  • 氷枕は脳に寒いと錯覚させることができ効果的
  • 夏の夜は暑さ対策だけでなく、朝日を浴びたり睡眠サプリを摂るなどの睡眠対策も合わせて行うとより効果的
SPONSORED LINK

これもおすすめ!