エアコンつけても暑いのはなぜ? アパートの暑さ対策はどうすべきか?

apartment

アパートに熱気がこもって暑い!
都会のアパートは夏にエアコンなしだとサウナ状態、エアコンつけてもまだ暑い!

この暑さ、なんとかならないものなのか。

この記事ではアパートでの暑さ対策の仕方を紹介します。

SPONSORED LINK

アパートの部屋はなぜエアコンつけても暑いのか?

まずアパートはなぜこんなに暑いのかというと、熱気がこもりやすい構造だからです。
両側を壁に覆われていて窓からは日光が入ってきます。

窓から入った熱気を閉じ込める構造なんです。
そりゃ暑くなって当然です!

何も対策しなければエアコンをつけても温度が下がり切らないくらい暑くなるでしょう。

アパートの暑さ対策 エアコンつけても暑い場合の対策方法

ではどうやってこのアパート特有のこもった暑さを防げるのか、解説します。

  1. 窓からの直射日光を徹底的に防ぐ
  2. サーキュレーターで窓が一つでも風を通す
  3. 壁から伝わる熱を防ぐ
 

1. 窓からの直射日光を徹底的に防ぐ

先ほども述べたように、アパートが厚い原因の大部分は窓にあります。
実際、実験でも夏に部屋に入ってくる熱は窓からの熱が7割というデータが取れたそうです。

で、窓からくる熱の原因はもちろん直射日光です。
この直射日光さえ防いでやれば、アパートに入ってくる熱の大部分を阻止できます。

では、直射日光は何で防げばいいのか?

カーテン?

違います。
カーテンももちろん使いますが、カーテンだけだとカーテン越しにじわじわと熱が伝わり部屋に熱気がこもってしまいます。

ここで必要なのはすだれです。

すだれは竹やよしを編んで作ったのれんのようなもので、直射日光は防ぐけど、ちゃんと風は通す、というまさに直射日光対策にぴったりなもの。

すだれで窓全体を覆ってしまえば直射日光はだいぶ防げてかつ熱気はこもらせずに済みます。

すだれは100円ショップで売ってるので窓全体が覆えるくらい買ってきて覆ってしまうといいですよ。
 

ベランダの床に人工芝を敷いてコンクリートの反射熱も抑える

すだれで窓全体を覆うだけでもかなり効果があります。
でもその効果をさらに引き上げるためにすべきなのが、ベランダの床を人工芝で覆うこと。

アパートのベランダの床はおそらくコンクリートでできてると思います。
コンクリートは熱を吸収し、反射するため、熱がこもる原因となってしまいます。

だからベランダ床を人工芝で覆えばこもるはずの熱がだいぶ減ることになります。

これで窓に直接来る熱と窓周辺の反射熱。どちらも防いでしまえば窓からの熱気は極小に抑えられるでしょう。

アパートが暑い原因の7割が窓なので、ここまでの暑さ対策だけでもだいぶ効果があるでしょう。
 

SPONSORED LINK

 

2. サーキュレーターで窓が一つでも風を通す

次にぜひとも覚えてほしい技があります。
それはサーキュレーターで窓が一つしかなくても風を通す方法です。

アパートは基本的に窓が一つしかないため、換気が非常に難しいです。
ただ窓を開けただけではなかなか熱気が出ていかないのです。

でもこの熱気を一瞬で外に出して一気に外の空気を取り込むサーキュレーターを使った裏技があります。
ちなみにサーキュレーターがない場合は扇風機でも代用可能です。

やり方
  1. 窓を開ける
  2. 窓に向けてサーキュレーターをかける
  3. 熱気が抜けたらサーキュレーターを部屋の中に向けてかける

これはサーキュレーターも扇風機も同じですが、これらは背中側から集めた空気を正面から吐き出すことで風を送ってます。

だから最初に窓に向けてサーキュレーターをかけると、部屋の中の暑い空気を集めて外に放出することができます。
そして次に部屋の中に向けてサーキュレーターをかけると外の空気を集めて部屋の中に放出することができます。

それによって一気に部屋の空気を入れ換えることができるのです。

これは帰宅時に熱気がこもった部屋の空気を一気に入れ替えて外の空気と同じ温度にするために非常に有効な方法です。

アパート暮らしで部屋が暑くて困ってる人はぜひ、一度やってみてください。
エアコンつける前にこれ1回やっとくだけで部屋が冷えるまでのスピードと下がる温度に大きな差が出るでしょう。
 

3. 壁から伝わる熱を防ぐ

次に壁の断熱対策を紹介します。

アパートの壁は、場合によってはかなり熱を通しやすく、壁から伝わる熱のせいでエアコンが効きにくいことがあります。
特に角部屋の人に有効だと思います。

やり方はプチプチを壁一面に二重に貼るだけ。
画鋲が使えれば画鋲で、使えなければ両面テープなどで貼るといいです。

プチプチの中には空気が入ってます。
だからぷちぷちを壁に貼ると空気の壁を作れるのです。

また、同様にアパート最上階で天井からの熱気が激しい場合は天井にプチプチを貼るといいでしょう。

まとめ

  • アパートは元々窓が1つで両側が壁。熱を閉じ込める構造なので熱がこもりやすく夏暑いのは当たり前
  • アパートの熱の最大の原因は窓。すだれや人工芝で直射日光と日光の反射熱を防ぐことで大部分の熱の入ってくるルートを断てる
  • アパートは窓が一つしかないので換気がしにくいが、サーキュレーターや扇風機を上手く使うことで一瞬で空気の入れ換えができる
  • アパートの角部屋や最上階は壁や天井からの熱もあるが、これは二重のプチプチが効果的
SPONSORED LINK

これもおすすめ!