柏餅の賞味期限と保存方法 冷凍はできるか? おいしい食べ方は?

kashiwa

柏餅っておいしいよね。
あの冷たくてしっとりしたもちと、甘いこしあんがたまらない。

でも柏餅は生餅だからあまり日持ちしない。

柏餅の賞味期限と保存方法、冷凍できるかなどについて解説する。

SPONSORED LINK

柏餅の賞味期限

柏餅の賞味期限はって話だが、柏餅の場合、実は賞味期限ではなく消費期限表記だ。
なぜなら切れたらすぐヤバい類のものだから。

そしてスーパーなどで売ってる柏餅の賞味期限は大抵作ったその日に設定されてる。
つまり、消費期限1日。たった1日しか持たない。

といっても、柏餅は買った翌日に食べたことがある人も多いと思うけど、1日くらいなら過ぎても大丈夫だ。

そもそも柏餅についてる柏の葉は餅の保存に適しており、防腐・殺菌効果がある。
だから夏以外なら買った翌日でも問題ないし、2日後でもぎりぎりいけるくらいだろう。

また、スーパーで直接作った柏餅ではなく、製菓会社などから入荷した柏餅は消費期限が3日くらいあるものも多い。

というわけでまとめると

柏餅の消費期限はスーパーで直接作られたものなら1日。
製菓会社から入荷した柏餅なら消費期限3日。

消費期限1日でも夏以外なら2日後まではいける。

ただし、変な臭いがしたり、カビが生えてたり、酸っぱくなってたりしたら迷わず捨てよう。

柏餅の保存方法 冷凍はできるか?

次に柏餅の保存方法だけど、これは常温が基本。
1~2日後までに食べるのであれば常温でオッケーだ。

また餅は冷蔵するとデンプンの老化により硬くなってしまうから冷蔵はダメ。

柏餅は冷凍できるのか?

次に冷凍だが、基本的に餅は冷凍保存が可能だ。

実際、通販会社などは餅を冷凍して出荷してるし、スーパーなどでも店によっては冷凍してあるものを解凍して販売してるところもあるかもしれない。

冷凍する場合、柏餅は1個1個ラップに包んで保存する。
そうすることで冷蔵庫の匂い移りや乾燥を防げる。

また、葉っぱを取るかどうかだが、できれば取った方がいい。

でも取らずにそのまま冷凍もできないことはないので、食べるとき葉っぱのままがいいって人はつけたままでもいい。

2日後までに食べる場合は常温で、それ以上持たせたい場合は冷凍で保存しよう。
 

SPONSORED LINK

柏餅のおいしい食べ方

kashiwamochi

これは好みによるだろうが、私ならの話で言うと柏餅は冷たいのが一番おいしいと思ってる。

だから食べる少し前に冷蔵庫に入れて1時間くらい冷やすとおいしい。
デンプンの老化があるので入れすぎは禁物だけど。

また、冷凍した場合は自然解凍。
レンジだと温まっちゃうからね。

自然解凍は1~2時間くらいかな。

また、餅が硬くなってしまっておいしくない、という場合はレンジで温めたり焼くのもありだ。

葉っぱを取って餅を少し濡らしてレンジで温めると柔らかくなる。

焼く場合は葉っぱを取ってそのままトースターかフライパンで少し焦げ目がつくまで焼くとおいしい。

いわゆる、柏餅というより、ただのあんこ餅として食べる感じにはなるけど、これはこれでおいしいからね。

まとめ

  • 柏餅の賞味期限(本当は消費期限)は1日。でも夏以外は2日後まではいける
  • 柏餅の保存は2日後までに食べるなら常温。それ以上は冷凍で保存する
  • 柏餅は冷やして食べるとおいしい。硬くなってしまった場合はレンジで温めるか焼くとおいしい
 
以上、柏餅の賞味期限と保存方法について解説した。

SPONSORED LINK

これもおすすめ!