東京から日光への行き方 電車特急新幹線のコスパや最短到着時間を比較

ashi

東京から日光への行き方にはいろいろありますが、できるだけ安く行きたい人、混雑を避けるためにできるだけ早く現地に到着したい人等いると思います。

そこで東京から日光への交通手段である電車と特急と新幹線のコスパや日光への最短到着時間を比較してみました。

SPONSORED LINK

東京から日光への行き方 3つの交通手段のコスパや最短到着時間を比較

東京から行く方法、新宿から行く方法、浅草から行く方法ありますが、始発が早くて日光への最短到着時間が早いのは浅草駅東京駅から出発する電車です。

また、料金が一番安くてコスパがいいのは浅草発で東武スカイツリーラインを使う場合です。

なお、到着場所は日光駅に着く場合と東武日光駅に着く場合ありますが、どちらでもいいので区別しません。

現地に着いてからバス移動するならどちらかというと始発の東武バスに乗れる日光駅の方が便利ですが、東武日光駅から日光駅までは徒歩3分で行けるのでどちらに着いても問題ないです。

電車

東京駅発

片道料金 1,940円
所要時間 3時間5分
始発の時間 4時45分
日光への最短到着時間 7時45分(日光駅)

 

経路
  1. 東京
  2. 浦和
  3. 栗橋
  4. 日光
乗り換え
経路 路線
東京→浦和 京浜東北線
浦和→栗橋 宇都宮線
栗橋→東武日光 東武日光線

 

もし始発を逃して5時15分東京発で行く場合は浦和ではなく上野乗り換えになり、8時7分に東武日光に着きます。

新宿駅発

片道料金 2,590円
所要時間 2時間41分
始発の時間 6時22分
日光への最短到着時間 9時11分(日光駅)

 

経路
  1. 新宿
  2. 赤羽
  3. 宇都宮
  4. 日光
乗り換え
経路 路線
新宿→赤羽 埼京線
赤羽→宇都宮 上野東京ライン
宇都宮→日光 日光線

 

新宿発は始発が遅いので日光への最短到着時間が遅くなります。
料金も他と比べて高いです。

浅草駅発

片道料金 1,360円
所要時間 2時間42分
始発の時間 4時58分
日光への最短到着時間 7時35分(東武日光駅)

 

経路
  1. 浅草
  2. 南栗橋
  3. 栃木
  4. 東武日光
乗り換え
経路 路線
東浅草→南栗橋 東武スカイツリーライン
南栗橋→栃木 東武日光線
栃木→東武日光 東武日光線

日光への到着が一番早く、かつ料金も一番安いのが浅草発のこの経路です。

特急(日光1号)

新宿駅発

片道料金 4,000円
所要時間 1時間58分
始発の時間 7時30分
日光への最短到着時間 9時28分(東武日光駅)

 

経路
  1. 東京
  2. 東武日光駅
乗り換え

なし

乗り換えがないのは楽でいいですね。

ただ始発が7:30、次が10:31で1日4本しか走ってません。

また東京から日光までの特急といえばよく聞くのが特急スペーシアきぬがわ号ですが、これの1番早いのはなぜかスペーシアではなく日光1号という名前で上記の7時30分発のものです。

で、スペーシアきぬがわ3号が次に早くて10時31分発。
その次がスペーシアきぬがわ5号で13時1分発。

日光観光といえば特急スペーシアってイメージがある人も多いと思うんですが実際はなんじゃこりゃって思うくらい使えないですね。

新幹線

東京駅発

片道料金 5,060円
所要時間 2時間10分
始発の時間 6時20分
日光への最短到着時間 8時30分(日光駅)

 

経路
  1. 東京
  2. 宇都宮
  3. 日光
乗り換え
経路 路線
東京→→宇都宮 やまびこ201号
宇都宮→日光 日光線

新幹線は高い割にそこまで速くならず、コスパ悪いですね^^;

東京から日光に一番早く到着する交通手段

東京発で日光に一番早く到着する交通手段をランキングにしてみると・・・

日光に早く到着する交通手段ランキング

ランキングと日光への到着時間 出発駅 交通手段
1位 7時35分 浅草駅発 4時58分の始発で東武スカイツリーラインに乗る
2位 7時45分 東京駅発 4時45分の始発で京浜東北線に乗る
3位 8時7分 東京駅発 5時15分の2本目で京浜東北線に乗る

 

普通の電車がトップ3を独占してます。

新幹線とか特急の役割って・・・(´・ω・`)
 

SPONSORED LINK

東京から日光へ観光に行く人はどの交通手段を取るべきか?

意外にも新幹線や特急使うよりより普通の電車に乗る方が早く到着します。

いやー。これはびっくりですねぇ。

新幹線だと移動時間が電車と比べて30分短縮される程度でしかないですが、始発が遅いので結局日光へ着く時間は遅くなります。

新幹線代3000円近くも取られるのにこれじゃあまりにもコスパが悪すぎますね。

そして電車の場合でも特急に乗るより普通の電車に乗った方が始発が早い分早く着く。

こちらも特急なら4000円、普通の電車なら1360~2590円ですから、特急に高いお金払うのがバカらしくなります。

大多数の人は東京から日光への行き方といったら特急でしょと思って特急使うと思うんで、ちゃっかり普通の電車で行けばそういう人と比べて早く日光に到着することができます。

これは日光の混雑を回避したい人にとってはかなりレアな情報かもしれません。
日光といえばいろは坂の渋滞で有名ですもんね。

また、普通の電車だけで比較した場合は、新宿駅発よりも東京駅発か浅草駅発の方が始発が早い分到着も早いです。

特に浅草発は東武スカイツリーラインが非常に安く、他の路線と比べて片道料金で500円以上も安く済むので財布に嬉しいですね^^

渋滞がひどい紅葉時期やGW、お盆に日光へ行く方はこの記事を参考に、始発の時間と最短到着時間を意識して電車を選ぶといいですよ。

ちなみにですが、浅草から日光に行く場合はまるごと日光フリーパスを使うと電車代がかなりお得になります。

日光に電車+バスで行くのにまるごと日光フリーパスはお得なのか?

ただでさえ片道1360円と安いのに、さらにお得になりますよ

で、まるごと日光フリーパス使う前提で考えると東京から日光へ行く交通手段選択肢は1本に絞られます。

結論として東京から日光へ行くベストな行き方は

  1. まるごと日光フリーパスを使って特急は使わずに浅草から日光に行く
  2. 日光到着後はそのままバス乗り放題のフリーパスで観光

でした。

ちまたでよく言われる特急スペーシアは実は使い勝手が悪く不便な交通手段だったんです。
まぁ乗り心地はいいかもしれませんが。

とにかくこの記事読んだみなさんは情報強者になりましたね^^

日光へはこの方法でお得かつ早く行きましょう!

まとめ

  • 東京から日光へ行く方法は主に電車、特急、新幹線の3つがある
  • このうち一般的によく言われるのは特急スペーシアきぬがわ号を使った行き方
  • でも実はコスパ的にも最短到着時間的にも一番便利なのは圧倒的に普通の電車
  • 日光にできるだけ早く着きたいなら東京発か浅草発の始発電車に乗ること
  • 特急も新幹線も始発が遅いため、最短到着時間は普通列車と比べて遅い
  • 同じ電車ならまるごと日光フリーパスを買って浅草発の東武スカイツリーラインに乗るのが一番お得
 
こちらの記事もおすすめ

日光の紅葉を電車+バスの日帰りで満喫するおすすめコース2パターンを紹介

SPONSORED LINK

これもおすすめ!