年賀状は必要?必要派の意見をまとめてみた

未だに年賀状を書く理由ってあるのか?
インターネットが発達した今、年賀状の必要性を疑問視する人は多い。

だが今でも年賀状を書く人は大勢いる。
今回、私は年賀状が必要だと思う人の意見、不要だと思う人の意見をまとめてみることにした。

この記事では年賀状は必要だと思う人の意見をまとめる。
 

なお、不要はの意見はこっちにまとめている。

年賀状は必要? 不要派の意見をまとめてみた

SPONSORED LINK

年賀状を書く理由

表も裏も全て印刷というのならメールと変わらないかもしれませんが、表が手書きだったり、裏にコメントを入れてくれていたりすると、自分のために手間隙かけてくれているんだなと、うれしい気持ちになります。
個人的にはそういう年賀状や、家族の写真が入った年賀状は保存しています。
中には年賀状だから書ける個人情報も入っていたりするので、メールですべて事足りるというわけにはいかないと思います。
(引用元:http://oshiete.goo.ne.jp/)

あっていいと思いますよ。

味気ないメールより、ハガキの方が人間味があって…。
メールで来るよりも、ちょっと嬉しいものですよ。
(引用元:http://oshiete.goo.ne.jp/)

必要か必要でないかの判断は需要がどれくらい有るかないかで判断します、これは年賀状に限らず、あらゆるものがそうです。
現在は年賀状の需要は年々少なくなっているそうですが減少の率は微々たるものなので、あと数年で急激に減少するような事にはなっていません、まだまだ年賀状は必要です。
(引用元:chiebukuro.yahoo.co.jp)

私は残していきたいですね。
素敵な文化であり、風習だと思います。
(引用元:chiebukuro.yahoo.co.jp)

元旦に届いた年賀状見るのが楽しいのに~。

それに取引先や仕事関係、親戚(特に義理の)は
メールって訳にもいかないでしょ。

質問者さんは気楽な立場だからそう言えるんですよ。
(引用元:chiebukuro.yahoo.co.jp)

 

手書きで書かれた年賀状には人情が入っていてもらうと嬉しい、という素敵な意見がいくつかあった。
だが、Yahoo知恵袋や教えてgooの回答を見ていると、年賀状はいらない!という意見の方が圧倒的に多かった。
 

SPONSORED LINK

アンケートから見える年賀状が必要な理由

とあるアンケートによると、年賀状出す派6割出さない派4割程度のようだ。
だが、やはり出す派の人の中にもかなりの数「本当は出したくないけど仕方なく・・・」って人が含まれてることは容易に想像がつく。

アンケートによると年賀状を出す理由は主に以下の3つだ。

  • 普段合わない人と連絡をとるきっかけのために出す
  • もらったら返さないと悪いから出す
  • ビジネスマナーとして出す

 

これらのうち下の2つは義務的に迫られて出してるだけ。
つまり、本当は出したくないけど仕方なく出してるケースだ。
 

年賀状は必要? 不要派の意見をまとめてみた

たぶん、気の強い人から順に年賀状を出すのを止め始め、徐々に出さない人が増えていき、10年後には出さない派が出す派を上回るんじゃないだろうか?

不要派の意見も見てみるとそんな感じになるような気がする。

まとめ

本来年賀状は直接新年の挨拶ができない人に挨拶の代わりに出すためのものだった。
それが今では年末だから、みんな送ってるから、毎年の習慣だから、書かないと失礼だからという理由で送ってるケースが大半だと思う。

とはいえ、いくら時代が変わっても、1年に1回手書きで人に近況を伝える年賀状というのは特別なもの。
年賀状を出すことで人とのつながりを感じられるなら続けてもいいと思う。

逆に年賀状を交換することで人とのつながりが感じられないなら書く意味はないだろう。

SPONSORED LINK

これもおすすめ!