最近、日本に外国人が増えている。
あなたの会社には外国人社員がいるだろうか?

彼らに忘年会を説明するときにどういえば良いのかわからない・・・

そんな人のために記事を書いた。

SPONSORED LINK

忘年会を外国人に英語で説明すると・・・

英語には忘年会に該当する言葉がない。
だから単語では説明できないのだ。

What is Bonenkai?

って聞かれたらどう答えればいいのか。

こんな感じで答えよう。

Bonenkai is an big event mainly held in Japanese company.
In most Japanese company, We held a drinking party at the end the year, and we call it Bonenkai.
Unlike any drinking party, almost all the workers participate this party.

忘年会は主に会社で行われる大きなイベントの一つです。
ほとんどの日本の会社では年末に飲み会が開かれ、これを忘年会といいます。
忘年会が他の飲み会と違うところは、ほとんどの社員が参加することです。

We call it Bonenkai, because Bonenkai means forgetting party.
So we forget everything in the past year and welcome a new year.

私たちがこれを忘年会と呼ぶ理由は1年を忘れ、新年を迎えるためのパーティーだからです。

It’s a little bit formal party if we do it with coworkers, but it’s informal if we do it with friend’s.
もしこれが会社で行われた場合、多少フォーマルなものになりますが、友達同士で行われた場合、インフォーマルです。
Although participation is individual choice, basically you have to participate this party unless you have any particular reason not to.
参加は本来任意ですが、基本的には全員参加で、欠席する場合、何か特別な理由が必要です。

ここで

Why?

って聞かれると困るわけだが

Because it’s a tradition.

とでも答えておけばいいだろう。本当にそうなわけだし。
 

SPONSORED LINK

そもそも外国には忘年会ってあるの?

残念ながら、ない。

外国では、基本的に12月いっぱいずっとクリスマスだ。
ただしクリスマスと忘年会は全然違うので、忘年会という概念が日本にしかないものと考えた方がいい。

このため、忘年会に該当する英語自体がないのだ。

The year end partyとか訳されてたりするが日本にしかないものなので正確に言うなら“Bonenkai”と言うべきだろう。

まとめ

  • 外国に日本の忘年会という概念はない。
  • 外国人に忘年会を説明するなら単語ではなく文章で説明しよう。
SPONSORED LINK