東京に3000円以下で泊まれる格安宿泊施設 ホテル以外でベスト5

東京で用事があって一泊する機会って結構あると思う。

  • ビジネス
  • 就活
  • セミナー
  • オフ会
などなど。

私は関東在住だったこともあり、若いとき結構東京に行った。
そのたびに格安の宿泊施設を探し回った。

おかげで東京の格安宿については人並み以上の知識がある。
この記事ではその知識を余すことなく紹介する。

SPONSORED LINK

東京に3000円以下で泊まれる格安宿泊施設 ホテル以外でベスト5

★5位 カプセルホテル

一泊の料金

3000~4000円
(予約すれば2500~3000円に値下げするところが多い。)
 

評価

格安度☆1~2
個室度☆1
快適度☆2
 

スペック

  • 入口は鍵なしのカーテンの半個室
  • マットレス布団
  • 風呂共用(大浴場)
  • 洗面所共用(割と綺麗で広い)
  • トレイ共用
  • 鍵付きロッカー
  • コンセント
  • 歯ブラシ
  • ドライヤー
  • 飲み物は自販機で購入
  • テレビ
  • WiFi
  • ランドリー
  • 持ち込みあり

 

特徴

格安で泊まる場所の代表格、カプセルホテル。
でも予約せずに行くと意外と高い。

布団と枕はしっかりしているが、プライバシーがないのと前後左右からいびきが聞こえるのが難点。
 

東京のカプセルホテルの例

  • カプセルホテル&サウナ北欧(上野)
  • 新宿区役所前カプセルホテル
  • カプセルホテル510(新宿)
  • カプセル&サウナ 池袋プラザ
  • 東京日本橋BAY HOTEL(東京)
  • ファーストイン京橋(東京)
  • カプセルランド湯島(秋葉原)
など

 

★4位 ネカフェ

一泊の料金

1500~2500円
 

評価

格安度☆5
個室度☆2
快適度☆3
 

スペック

  • 入口は鍵なしドアで天井空いてる半個室
  • 個室シャワー
  • 洗面所トイレ共用
  • 寝具はブランケットのみ
  • コンセント
  • ドライヤー
  • パソコン使い放題
  • WiFi
  • ドリンクバー
  • マンガ読み放題
  • 持ち込みありが多い

 

特徴

ネカフェは宿泊施設ではないので布団も枕もない。
でもシャワーがあるし、個室だし、ネット使えるし、ドリンクバーあるしで生活に便利なものは揃ってる。

あとはあなたが適応できるかどうかの問題。

ネカフェの個室にはリクライニングとフラットシートがあるが、寝るならフラットシート。
広さは1.5畳で大人がぎりぎり横になれるくらい。

クッションを枕代わりにし、アイマスクをつけ、ブランケットを使って寝る。

カプセルホテルと比べると洗面所がなかったり、ロッカーがなかったりで少し不便な部分はあるが、コスパのよさとドリンクバーなどの設備の面で勝っている。

ネカフェとカプセルホテルで迷う人はこちらの記事をおすすめする。

ネカフェかカプセルホテルか? コスパや快適さを比較してみた。
 

東京のネカフェの例

  • マンボー
  • 快活クラブ
  • アプレシオ
  • メディアカフェポパイ
  • バグース
  • マンガ喫茶ゲラゲラ
など

 

SPONSORED LINK

 

★3位 旅館

一泊の料金

1500~2200円
 

評価

格安度☆5
個室度☆5
快適度☆3
 

スペック

  • 鍵付きドアのある完全個室
  • 布団
  • 風呂共用
  • トイレ共用
  • ランドリー
  • 歯ブラシ
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • WiFi

 

特徴

1000円代で個室に泊まれる格安宿。
部屋は3畳だが、ネカフェやカプセルホテルに比べれば全然マシ。

なぜこんなに安いかというと、北千住、南千住周辺が元々日雇い労働者の町で格安宿の穴場となっているから。

ビジネスホテルですら2000円切るところがあるくらい宿泊施設の相場が安い。

ちなみにこの辺の旅館はネットにHPもないし旅行会社も扱ってないので探しづらいが、駅から大通りをまっすぐ歩くだけで見つかる。
 

東京の旅館の例

無名の旅館が多いので割愛。

北千住と南千住駅周辺を歩けば見つかるが、まずはビジネスホテル(3000円以下)に泊まって様子見してみるといい。
 

SPONSORED LINK

 

★2位 完全個室のネカフェ

一泊の料金

2000~3000円
 

評価

格安度☆3
個室度☆5
快適度☆4
 

スペック

  • 鍵付きドアのある個室
  • シャワー個室
  • トイレ洗面所共用
  • パソコン使い放題
  • ランドリー
  • WiFi
  • プリンター
  • レンジ/ポット
  • ドリンクバー
  • マンガ読み見放題
  • 持ち込みあり

 

特徴

ネカフェに鍵付きのドアがついて完全個室になったもの。

ベッドや布団なしで寝れる人にとってこれ以上コスパのいい宿泊施設はない。

ベッドや布団がない点では1位のレンタルルームに劣るが、パソコン使い放題、マンガ読み放題、ドリンクバーがあってレンタルルームの相場より1000円くらい安いのでこちらを1位にするか迷ったくらい優秀。

ただし、布団で寝れない人にとっては3位の旅館の方が適している。
 

都内の主な完全個室のネカフェ

  • ネットルームマンボー
  • 910(キュート)池袋
  • Hailey5Cafe(ハイリーファイブカフェ)池袋
  • ナチュラルカフェ西葛西
など

 

SPONSORED LINK

 

★1位 レンタルルーム

一泊の料金

ナイトプランが2000~5000円

価格差が激しいが安い地域は、新橋、五反田辺り。
最安値は池袋のレンタルルーム24で平日2000円、金土祝前日3000円。
 

評価

格安度☆1~4
個室度☆5
快適度☆5
 

スペック

  • 鍵付きドアのある完全個室
  • セミダブルのベッド
  • 個室シャワー
  • トイレ共用
  • バスタオル
  • 歯ブラシ
  • テレビ

 

特徴

ビジネスホテルとの違いはトイレが部屋の外にあり共用なこと、シャワールームに浴槽がなくシャワー専用で狭いことくらい。
部屋自体はちょっと狭いビジネスホテルのシングルルームくらいある。(4~6畳)

ラブホ代わりに使うことを想定されてるので2人でも泊まれるし、歯ブラシやバスタオルなどのアメニティが充実している。

アメニティはもちろん2人分あるけど、実はこれが1人で泊まる人にとって穴場。

ほぼビジネスルームと変わらないのにこんなに安いのには初めて泊まったとき感動した。
以来、私は東京に泊まるときは大抵レンタルルームに泊まることにしている。
 

都内の主なレンタルルーム

  • 池袋のレンタルルーム24
  • 新橋レンタルルーム コスモス
  • ネットルーム24 小岩駅
  • アスクルーム 大久保駅
  • レンタルルーム サン 五反田
  • レンタルルーム アンド 新橋
  • レンタルルーム メロディー 秋葉原駅
など

まとめ

今回はあまり教えたくない東京に3000円以下で泊まれる穴場格安施設を紹介させてもらった。
今後もっと快適な格安宿泊施設もできてくるかもしれないが、しばらくはここで紹介したベスト3が有望だと思う。

東京に遊び、または就活や仕事でくる際は参考にしてほしい。
 
こちらの記事もおすすめ
ネカフェかカプセルホテルか? コスパや快適さを比較してみた。
ネカフェの泊まり方や持ち込み、貴重品管理の仕方 女でも安全か?
カプセルホテルの使い方やルールとマナー 上段と下段の違いを解説

SPONSORED LINK

これもおすすめ!