国内線の機内持ち込みのサイズ制限と持ち込み禁止のルール

飛行機の持ち込み禁止やサイズ制限のルールってややこしくてわかりにくい。

まず飛行機にはあらかじめカウンターで預ける荷物と機内に持ち込む荷物がある。

この記事ではそのうち機内に持ち込める荷物について、サイズ制限や持ち込み禁止のルールを解説する。

SPONSORED LINK

国内線の機内持ち込みのサイズ制限

国内線の機内持ち込み可能なバッグのサイズ制限は席数が100席以上か、100席未満かによって違う。
 

100席以上の国内線のサイズ制限

サイズ:幅55 x 高さ40 x 奥行25
3辺の和:115cm以内
重量:10㎏以内

 

100席未満の国内線のサイズ制限

サイズ:幅45cm x 高さ35cm x 奥行20cm
3辺の和:100cm以内
重量:10㎏以内

 

注意点

  • 重量は身の回り品を含んだ合計
  • サイズはキャスターやハンドルを含んだサイズ
 

海外用の大きなスーツケースは機内持ち込みだと余裕でサイズオーバーする。

海外用スーツケースLサイズの例
幅74×高さ48×奥行30cm

海外用スーツケースMサイズの例
幅64×高さ40×奥行27cm

こういうのは機内持ち込みではなく預けよう。
ちなみに預けれる荷物のサイズ制限(JAL)は

サイズ:幅120cm x 高さ60cm x 奥行50cm以内
重量:20㎏

スポーツ用品はこれを超えても預けれるものもある。
スキーストックとか、ゴルフパッドとか。

また、旅行先で買ったおみやげを入れたバッグなどはある程度までは許容される傾向がある。
なので帰りの便では明らかにオーバーしてるだろって感じのバッグを持ち込む人もたまにいる。

でも実はこれは結構な迷惑行為だ。
なぜなら持ち込んだ荷物を置く場所は座席上の共有スペース。

誰かがでっかい荷物を置いてしまうと他の人の荷物が置けなくなる。
特に面積取るものはできる限り預け荷物にしよう。
 

SPONSORED LINK

国内線の持ち込み禁止のルール

基本的に火気、金属類、スプレー類は禁止だが、国内だと許容されるものも結構ある。
特に化粧品や日用品に関してはかなり寛容だ。
 

機内持ち込み可能なもの

化粧品類

  • シャンプーなどのヘアケア用品や入浴剤
  • コンタクトの洗浄液
  • 制汗スプレー、冷却スプレー
  • 香水・アロマオイル
  • 家庭用洗剤
  • 家庭用磁石
  • ドライアイス
  • ヘアアイロン
  • コード式のヘアアイロン
  • ガス式ヘアカーラー(安全カバー付きのもの。ただしバッテリーはダメ)
 

電池・バッテリー

  • 乾電池
  • ニッケル水素電池
  • ニカド電池
 

医薬品

  • 消炎・鎮痛剤
  • 虫刺され・かゆみ止め薬
  • 殺菌・消毒剤
 

その他

  • アルコール飲料(度数24~70%)
  • (アルコール度数24%以下なら容量制限なし。24~70%のものは1人5リットルまで)
  • 楽器用オイル
 

機内持ち込み禁止だけど預けれるもの

  • ハサミ
  • カッター
  • ナイフ・万能ナイフ
  • 剃刀
  • 工具類
  • 注射針
  • 缶切り・爪切り
  • スポーツ用品(ゴルフクラブ、スキーストックなど)
  • エアーガン・BBガン
  • その他武器・金属類全般
 

持ち込みは可能だけど預けれないもの

  • ガスライター
  • 電子たばこ
 

持ち込みも預けるのも禁止のもの

  • スプレー缶
  • オイルライター
  • ライター用燃料
  • 花火・クラッカー
  • 漂白剤
  • リチウムバッテリー
  • マッチ・炭
  • 殺虫剤・農薬
  • 液体バッテリー
  • 水銀
  • 石灰石が使われてる加熱式弁当箱・飲料容器
  • 業務用大型磁石
 

主要なものはすべて書いた。
ちなみにタバコとライターは持ち込み可能だけどほとんどの飛行機が禁煙で喫煙場所はないので注意。
じゃあなんで持ち込めるかというとおそらく昔の名残だと思う。

より詳しい情報が知りたい人は国土交通省HP

まとめ

  • 国内線の機内持ち込み荷物のサイズ制限は100席以上か未満かで異なる
  • 国内線は化粧品や日用品は結構規制が緩く、持ち込めるものが多い
SPONSORED LINK

これもおすすめ!