通販で買える栃木の豆餅 全国では落花生入海苔餅と呼ぶらしい

豆餅と言われたらどういう餅を想像するだろう。

Googleで「豆餅」を検索してみたら白いもちに豆が混ざった餅が出てきた。

「あれ? これ違う・・・。」

栃木の人は思ったはず。

ちゃんと「栃木の豆餅」で検索すればお馴染みのアレが出てくるぞ。
そう。緑のアレだ。

SPONSORED LINK

通販で買える栃木の豆餅

栃木出身の人が正月に必ず食べたくなる餅。
それが豆餅だ。

豆餅は田舎で作られるもの。栃木を出て実家に帰らない人はなかなか手に入れにくいと思うだろう。

でも実はコレ、通販で売ってる。

ちなみにAmazonでは売ってなかった。
「豆餅」で検索するとコレしかない。

楽天での商品名は「落花生入海苔餅」 なぜ?

実は全国的には「豆餅」はこういうものなのだ。
mamemochi

白い餅に豆が入ってて形と豆の入り具合は栃木の豆餅とまったく一緒。
これは普通の白い餅に豆と塩を入れるだけ。

さらに栃木の豆餅の豆を除いたバージョンは「のり餅」、または「のりなまこ餅」と呼ばれ、結構普及しているようだ。
しかもこれ地域によって呼び方が違う。「たがね餅」とか。

これは餅と青のりを混ぜて作る。

そして本命の栃木の豆餅。

これは楽天の商品名は「落花生入海苔餅」だが、要するにのり餅に豆を入れただけ。
豆餅とのり餅の合体バージョンだ。

これたぶん豆餅とのり餅両方食べた人が考案したんじゃないだろうか。
しかしのりと豆の組み合わせ。これがすこぶるうまい。

私の栃木の実家では毎年白い餅と豆餅が親戚の家から同じ量ぐらい送られてくるが、毎年豆餅の方が早くなくなる(笑)

うちの実家(栃木)のもちの食べ方にランキングをつけると・・・

1位 豆餅
2位 磯辺焼き
3位 きなこ

だ。

全国的なもちの食べ方のランキングが大体「磯辺焼き」と「きなこ餅」のツートップというデータがあるから、豆餅のおいしさはご想像していただけると思う。
(参考:全国お餅の食べ方ランキング、3位「磯辺焼き」2位「きなこ餅」1位は?)

※全国ランキング1位と3位の「磯辺焼き」と「醤油をつける」は同じだと思う(´・ω・`)

通販で買うときは賞味期限に注意

楽天通販で買える栃木の豆餅は500gと1Kgの2種類

注意点としては生ものなので賞味期限が2日しかないこと。
でもうれしいのはその日の朝ついた餅を送ってくれること。

楽天で買える栃木の豆餅のボリュームはこんな感じ。

500g
tochigi-mamemochi
1Kg
tochigi-mamemochi2

500gの方は7~8枚
1Kgの方は14~16枚

食べる量の目安は小食の人で1食2~3枚。
よく食べる人で1食4~5枚か。

おやつとして食べてもいいと思う。

食べきれなかった場合は1個1個をラップに包んで冷凍保存をおすすめする。

まとめ

  • 栃木の豆餅は通販で買える
  • 全国的には豆餅=白い餅に豆を入れたもの
  • 栃木の豆餅は豆餅+のりもちの合体系だった?
  • 豆餅を通販で買うときは賞味期限が2日であることに注意して保存しよう
SPONSORED LINK

これもおすすめ!