新入社員が飲み会に行かないのはあり? 上手く断る方法

「新入社員は飲み会に誘われたら必ず行くもの」という風潮は崩れつつある。

今の時代の新入社員なら飲み会に行かないのは全然ありだと思う。
 

今は個人の時代で、自分のプライベートの時間まで会社のために捧げるのは古い慣習だから。
 

でもだからって絶対行かなくていいとは言い切れない。

この記事では新入社員の飲み会不参加についてや、飲み会を断る方法について解説する。

スポンサーリンク

新入社員が飲み会に行かないのはあり?

新入社員かどうかに関わらず基本飲み会は任意参加なので行かないのはありだ。

ただし、新人が絶対断っちゃいけない飲み会もある。

  • 新入社員歓迎会
  • 忘年会
  • 新年会

 

新入社員歓迎会は新入社員のための飲み会で新人は主役なので常識的に考えて「行きたくないから」という理由だけで参加を断るのはかなりまずい。

大げさに例えるなら自分のために誕生日会を開いてもらったのにそれを本人が欠席するようなものだ。
 

もし学生のときにそんなことしたら友達がいなくなるだろう?

会社も同じでその後周りから白い目で見られ、その職場に居づらくなるのは避けられない。

仕事をちゃんと教えてもらえなくなったり、挨拶無視とかは全然あり得る。
 

大人が多い会社だとそういうのないかもしれないが、精神年齢低い人は平気でそういうことするので^^
 

飲み会を断るのは別に問題ないんだ。

でも新入社員歓迎会だけはとりあえず行っとけ。主役なんだから。
 
たとえば新入社員歓迎会のためにいろいろ準備したり、お金出したりした人たちの気持ちを考えたら行かないことがどれだけ失礼かわかると思うし、行かなかった時に先輩が怒る気持ちもわかると思う。

 

また新入生歓迎会だけでなく、忘年会と新年会は会社によっては強制参加なのでどうしてもという理由がないと断れないケースが多いと思う。
 

送別会派に関してはほとんど関係ない人なら断っていいと思う。

でも同じ部署の先輩とかなら参加しといた方がいい。
 

ここまではある程度健全な会社の場合の話。

大企業に多い体育会系の会社の場合は、飲み会の欠席自体ほとんどNGな場合もある。

そういう会社で飲み会に欠席するとどうなるかというと
 

欠席=先輩を尊敬してない
 

と思われて周りの評価がガクッと落ちる。

こうなるともうその会社で正しい評価をしてもらえなくなってしまうかもしれない。
 

なのでそういう会社で働くなら諦めて参加しといた方が身のためだ。

もっとも体育会系が大嫌いな私ならそんな会社速攻で辞めるが。
 

自分の会社が飲み会断っていい会社なのかどうかは先輩に聞くか、空気を読んで判断するしかない。

断っちゃいけない会社で断っちゃうと色々と面倒が生じるのでその会社に長くいたいなら我慢して参加もやむを得ない。
 

スポンサーリンク

新入社員が会社の飲み会を上手く断る方法

断っちゃいけない飲み会に関しては仕方なしにでも出よう。

でも断っていい飲み会は断ろう。
 
自分の時間は大切にした方がいいからね。マジで。

では、新入社員が会社の飲み会を断るときの上手い方法を紹介する。
 

一番楽な断り方

会社の飲み会を一番楽に断る方法を教えよう。

「ちょっと用事あるんで」で毎回断る。

飲み会行かないキャラが定着するまでひたすら同じセリフで断り続ける。

これだけだ^^

楽だろう?w

実際最初は参加しないと「なんだこいつ」って思われるけど毎回参加しなければ「そういうやつだ」というレッテルが貼られ、飲み会自体誘われなくなるか、誘っても参加を期待されなくなる。

飲み会なんか参加したくない側からしたら好都合だ。
 

無難な断り方

そこまでする度胸がない人は、

飲み会苦手なんですキャラで通す

誘われたら

「自分飲み会苦手なんで参加しません^^」

これだとちょっと弱気なので

「なんで?」って聞かれるかもしれない。

そしたら

「お酒弱いんで」

「ジュースでもいいじゃん」とか返されたら

「いやー。飲み会のテンション苦手なんですよー。」

で相手が折れるまでひたすら言い訳する。
 

最初の断り方に比べると相手によってはめんどくさい。

が、とにかく波風立てずに断りたいときはこんな感じで断るといい。
 

あまりしつこい場合は

「実は彼女と予定あるんで^^;」
「実は薬飲んでてお酒飲めないんです^^;」

でとどめを刺そう。
 

しつこい人は理由を欲しがってるだけだからこういうちゃんとした理由を与えてやれば折れるはずだ。

ぶっちゃけ断れる飲み会は断るべき

最後に私の意見を述べさせてもらうが、会社の飲み会は断るべきだ。
 

なぜならお金と時間の無駄だから。
 

その会社で一生働くつもりがあって先輩から学べることがあるとか、人間関係をよくしていきたいっていう下心があるなら行く価値もある。

でも別にその会社でそこまで長く働くつもりもなくて、人間関係もあまり気にする必要がない場合。

飲み会に行けば行くほど「お金」「時間」が減ってしまう。
 

正直私は今の時代に生まれて本当に良かったと思ってる。

だって会社にお金と時間を奪われなくて済むから。
 
新人のうちはおごってもらえるからお金の無駄にはあまりならないかもしれない。

でも確実に時間の無駄にはなる。

新入社員のうちは飲み会に参加しても話せる人がいなくてぼっち状態になる可能性も高いし、ならなければならないでいろいろ質問されてめんどくさいし。
 

今の時代、時間があれば一人でなんでもできる。

趣味に打ち込むのもいいし、副業して会社員以上の収入を得ることもできないことじゃない。

そんな時代に会社の人間と付き合いで飲みに行く必要はない。

まとめ

会社の飲み会は任意参加なので行かないのはありだけど、絶対行かなきゃいけない飲み会も存在する。

確かに最近はプライベート重視、仕事軽視の風潮はあるけど最低限歓迎会だけは参加しよう。

また、新入社員の飲み会の欠席が許されるかどうかは会社によるので空気は読もう。

スポンサーリンク


これもおすすめ!